香港トップシェフの鹿児島食材紀行(前・後編)をヒトサラマガジンに執筆しました♪

インスタをフォローして下さっている方は見覚えがあるかもしれないのですが、今年の3月、「フランツェンズ・キッチン」のジム、「ネイバーフッド」のデビッド、「オクラ」のマックス、「オステリア・マルツィア」のルカというトップシェフたち、そしてオステリアの他に、口利福ベロンブエノスアイレスポロクラブなど多数の素敵レストランを持つブラックシープグループ創業者の一人であるクリスの5人を連れて、鹿児島に行って参りました!




記事では使えなかった(笑)記念写真がたっくさーん、あります♪ (まだお腹に腫瘍を飼っていたころです、苦笑)

こちらは霧島市福山町の坂元醸造で。蔵元技師長の素晴らしいお話と黒酢のあまりの美味しさに一堂、感激。お土産にいただいた他にもどっさりと黒酢製品を買って帰りました(また補給に行きたいです♪)

普段は香港の食を日本に紹介している私としては、日頃の取材先との関係性を違う形で生かすことができた異色のお仕事でした。個性が強くて気ままなところと、徹底したこだわりとを併せ持つ仲良しのシェフ達とも、いつもとはまた違う時間を過ごせて(猛獣使いと陰で呼ばれつつ、笑)、日本人の私にとっても学ぶことばかりの充実した旅でしたー。

リンクはこちら↓↓↓
香港から鹿児島へ。5人のシェフが食材に惚れ込んだとき、新しい料理の創造が始まる(前編)

香港から鹿児島へ。5人のシェフが食材に惚れ込んだとき、新しい料理の創造が始まる(後編)




こちらはカンパチの養殖場を見学した垂水市から。桜島って本当に勇壮で惚れますね!

手術やら入院やらを挟んでしまって、出すまでに時間がやたらかかってしまったものの、後日談まで取材して取り入れたので、むしろ「シェフが経験をどのように昇華させるのか」というところまで書けて、良かったのかもしれません。

とにかく盛りだくさんの旅だったので、紹介できていない体験もたっぷりありました。ちょこちょこ、このブログやフィガロのブログでも紹介しようと思います♪

こちらは薩摩酒造さんの見学後! シェフたちはすっかり焼酎ファンになっていました!

ちなみにこの可愛い姿は魚市場で。いろいろなギャップ萌え同時多発でした(笑)。かぶり心地があまりによくて、脱ぐのを忘れてたんだとか!

皆さん、とっても有名なシェフばかりですから、インスタ&FBにアップしたときは、香港の業界の友だち達、騒然(笑)いやーノリが良くって楽しすぎました。

もちろん、とっても真面目な方達ですから、真剣に魚について討論しているの図。

深く学びながらも、笑いっぱなしで楽しい4日間でした♪ ちょこちょこ書いていかなくっちゃ。

まずは、ぜひヒトサラの記事、ご覧下さい♪

*****本ブログの電子書籍「香港ときどきマカオ Vol. 1」が出ました!*****
お勧めの広東料理店、クリエイティブ点心、ローカルご飯など、香港ならではの食に加えて、美と健康、老舗での買いもの、最新バーなど幅広くカバーしています。ぜひ次の香港の参考にしてください。詳しくはこの記事を参照ください→次の香港旅の参考に!電子書籍「香港ときどきマカオ Vol. 1」(サンプル記事入り)

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

Top