次の香港旅の参考に!電子書籍「香港ときどきマカオ Vol. 1」(サンプル記事入り)

当ブログの人気記事と新規記事を織り交ぜて1冊にまとめた電子書籍「香港ときどきマカオ Vol.1:香港在住ジャーナリストが出会った美味しいもの、素敵な人たち、そして日々のつれづれ」を発売しました!

すでに入手いただいた方、ありがとうございます♪ まだ見ていないという方のために、内容を再び紹介させてください!

こちらが表紙とリンクです! 表紙は超級香港迷でおなじみの小野寺光子さんに雰囲気たっぷりのイラストを描いていただいた、街歩きする筆者(かなりマギー・チャンを混ぜて美化していただいてます、笑)です。場所は、石板街ことThe Pottinger Street!

電子書籍やKindle版って、Kindleの端末を持っていないと買えないのでは、と考える方が実はとても多いのですが、必要ありません。スマホ、タブレット、パソコンなどにKindle無料アプリをインストールすればOKなのです。

<Kindle無料アプリダウンロードはここから!>
Kindle for iPhone/iPad Kindle for Android
Kindle for PC (Windows) [ダウンロード] Kindle for Mac [ダウンロード]

さて、中身はいったいどんな内容かと言いますと! 目次をこちらでお見せします(パスワードは隠しています、笑)。

自分が食べに行ったり取材したりで、ここはいい!と気に入ったお店ばかりを掲載しています。「一つ一つのお店に関する情報がとても濃い」と感想をいただいているように、普通のガイドブックでしたら、さらっと概要をまとめて終わるところを、こちらでは1店に最低2ページ、だいたい4ページほど割いて、写真もたっぷり、オーナーやシェフの熱い想いもじっくり愛を込めて書いています。

もしかして、記事によっては読んだ後に、何となくオーナーやシェフを知っているような気分になるかもしれません。とにかく情報は濃厚で範囲は広い! 執筆も写真もすべて私ががんばりました~。

いくつか記事をチラ見せしますね♪

こちらは広東料理の章の「Mott 32」の記事です。記事の濃度が伝わりますでしょうか。

ブログからの転載記事も、そのままではなく、なるべく情報をアップデートして掲載しています。

計193ページの濃密な香港&マカオへの旅、ぜひぜひお楽しみください。

定価は1250円。

そして日本以外のアマゾンをご利用の皆様、世界各国のアマゾンからも購入可能です。

Amazon.com(アメリカ)https://www.amazon.com/Hong-Tokidoki-Macau-sutekinahitotachi-soshitehibinotsurezure-ebook/dp/B07CN574DK/

他の国のアマゾンへのリンク:http://hk-tokidoki.com/amazon/ ここからどうぞ!

最後にもう一度! どうぞぜひご覧ください♪

 

 

 

 

 

 

モダンブリティッシュの心意気と粋で魅せるGough’s on Gough 2)食事の時間です

前回はオーナーのティモシー・オルトンさんとインテリアをじっくり紹介しましたので、今回はいよいよお料理の時間です!




実はつい最近、オープン時のシェフから新しいシェフに交替したばかり。新シェフのケイリー・ドハーティーさんは、カナダ出身ながら英国で長くシェフとして勤め、ジェイソン・アサートンの下で活躍したという経歴の持ち主。

以前は英国色の入ったモダンヨーロピアン、というのか無国籍感があったのが、彼に代わってから英国色がぐっと強まり、店のコンセプトがきっちり決まった感があって、私も紹介がしやすくなりました。前も嫌いではなかったのですが、何となくはっきりしない、もやもや感があったのです。

ケイリーさんは、英国色を維持するために、料理はもちろんのこと、食材もなるべく英国から持ってくることを意識しているとか。例えば爽やかなホタテ貝の葱ドレッシングのマリネ。香港だとホタテ貝と言えば北海道というぐらい日本産を使うことが多いものの、シェフは敢えてアイルランド産かスコットランド産を仕入れています。季節的にそれらがどうしても手に入らないときだけ、北海道産を使用することにしているとか。

こちらも、北海道ではなくて、英国の北海産の蟹を使ったクラブ・オン・トースト+ロシアのOscietra社のキャビア。蟹肉の食感がホロホロとしていて、サクサクの揚げトーストと絶妙なるコンビ! この日は贅沢にキャビアで潮の香りと風味がさらに加わって豪華さが増していましたが、キャビアなしでも十分満足感ありそう。

ふっくらしたムール貝のサラダは、ザクロやエルサレムアーティチョーク、青リンゴがサクサクした食感や甘酸っぱさなど、さまざまな魅力を加えてくれています。





秋らしい様々な茸を載せたトースト!

ここでいよいよ登場しました、シェフのケイリーさん! にこやかでフレンドリー。インスタグラムも大好きで、親近感を覚えます。目玉焼きにたっぷりピエドモント産の白トリュフを削ってくれました。これは正直、大サービスだったかも・・・・・・。

目玉焼きがもはや見えません(笑)。

「なるべく英国産でとは言ったけど、こんなゴージャスな旬のものが手に入ったら、やっぱり使わないとね!」と見せてくれた白トリュフさま。ありがたや。

さーいよいよメインの時間です。いつも優しくて素敵なジ支配人のジョンさんが、英国産のヒラメ、Dover Soleテーブルで取り分けてくれました♪

外側のカリッと具合や香ばしい風味と、肉質がしっかりしつつもふわっとした白身の調理具合が絶妙なり。

オリーブオイルやハーブを加えたソースで、カリッとした衣がしなっとしたところが・・・・・・たまりません。

実は4人で食べていたので、かなりのボリュームでした、こちらはフォアグラとマデイラソースの1品。リッチでホクホクとした秋冬の味。

そしていよいよ。本日の主役とも言えるメインのトリ。ビーフ・ウェリントン!! この出来映えには参りました。

ものすごくいい牛肉を使って、パイ皮に包んで、外はサクサクのパイ皮、中はこのミディアムレアな焼き具合。秘密は肉を冷やして温度差を付けることで、この見事な結果が生まれるそうです。開けてみないと分からないこのバランス。とても腕のいいシェフであることが分かりますよね! もうこれはたまらない美味しさでした。うっとり。

赤ワインを・・・・・・飲まないワケにはいかないような状況。

英国らしさが炸裂するのが、付け合わせの野菜達。

ほっくほくのジャガイモ。これはヒラメの付け合わせ。味付けの具合がまたいい。

ニンジンとサヤエンドウ。シンプルで説得力のある味わい。

感動の渦だったのが、このマッシュポテト。このクリーミーな舌触り、なかなか出せるものではありません。同席した英国育ちの女子があまりをすべてお持ち帰りしていました!

正統派だけれどもモダンに調理を進化させて、旬の野菜や肉をたっぷり使った、シンプルでホクホクとしてきて、心と体を温めてくる英国の味。

インテリアが迫力満点なので、記念日ディナー的な店と考えれてしまうけれども、ぜひもっと気軽に食べに来て欲しいと、こんなラインナップにしたのだそうです。

これ、いいです!!英国出身の夫を連れて行かなければと心に決めました。

もう見ているだけでお腹いっぱい? しかし実は夜はこれから。これまた大傑作デザートが山ほどテーブルにやってきました(笑)。

レモンタルトと、ヨーロッパのサワークリームの一種であるクレームフレーシュのシャーベット!

病みつきになる。今すぐまた食べたい。カラメル味が濃厚でたまらない、スティッキー・トフィー・プリン。ちょっと香港のスイーツ、八宝飯を思わせるモチモチぶり。アールグレイで似たナツメが載せてあって、クロテッドクリームのアイスが添えてあるのです。眼球が飛び出る美味しさ。

もうこの辺からはあまりにお腹がいっぱいで記憶が薄れています、ごめんなさい! 壮絶に美味しい英国スイーツの宴状態!

壮絶にお洒落なのに気取らなくてフレンドリー。最高の組み合わせですね!

デートにぴったりのイメージだけれども、家族や友だち同士でも来たい!と思わせる料理達。

英国に住んでいた時は、寒い冬にローストした肉や野菜を食べて体の芯から温めていたのを思い出します。香港はそれほど寒くはないですけど、それでも冬の気分にまた似合う料理です。

以前、ジェイソン・アサートンが香港に来たときに同行して、その時に香港に惚れ込んだというケイリーさん。念願叶っての香港生活をさっそく満喫しているそう。

そんなシェフのワクワク感が伝わってくる、美味しく楽しいディナーでした。あービーフウェリントンとトフィープリンが私を待っている・・・・・・。




 
*****本ブログの電子書籍「香港ときどきマカオ Vol. 1」が出ました!*****
お勧めの広東料理店、クリエイティブ点心、ローカルご飯など、香港ならではの食に加えて、美と健康、老舗での買いもの、最新バーなど幅広くカバーしています。ぜひ次の香港の参考にしてください。詳しくはこの記事を参照ください→次の香港旅の参考に!電子書籍「香港ときどきマカオ Vol. 1」(サンプル記事入り)

モダンブリティッシュの心意気と粋で魅せるGough’s on Gough 1)麗しきインテリア

すごく気に入っているので、雑誌の特集などに推薦して、何度も撮影や取材をしていたりするのに、ブログに紹介し損なっている店って、実はたくさんあるのです。

その代表的な一軒が、このGough’s on Gough。去年のフィガロでも今年のハナコでも紹介しています。




怪しい潜水士とピラニアのいる水槽が目印です♪

私の場合は、元々こちらのオーナーであるティモシー・オルトンさんのファンでして。昔、スターストリートエリアに主にバッグを扱うブティックを出していて、そこでよく物色していたのです。

昨年の春に彼にインタビューさせてもらって、その時に「実は隣にレストランをオープンするんだよ」とまだ作りかけのところを見せていただいたのが、そもそもの出会いでした。

こちらがティモシーさん! 英国の骨董商の家庭に育ち、ご本人も骨董商をしていましたが、途中から自分で家具をデザインするようになったそう。長年中国本土に自分のこだわりを形に出来る家具工場を持っているので、香港にも中継地点としてよく訪れていて、意外にもアジアにしっかり腰を据えていらっしゃるのです。こちらは同じ歌賦街にある、アンティーク店RAW。こちらもものすごく目の保養になるお店ですので、また別途ご紹介します♪

彼のコレクションしている骨董品は、古さの中にエイジレスな先進性を感じさせるものばかり。そんなテイストがオリジナルデザインにはさらにパワーアップして発揮されていて、古さと新しさ、優雅さとワイルドさの融合具合が、もうキレッキレの絶妙なバランスで、世にも珍しい麗しさにまとまっているのです。

香港って東西と新旧の融合が魅力の場所ですが、彼のデザインはそれから「東」の要素を抜いて、「新」の部分に磨きをかけたような。重なる部分があるせいか、香港の街によく似合うんです。

さて。言葉でばかり説明している場合ではありません。まずはその冴えたデザインをお見せしましょう。

すべてがティモシー・オルトンのデザインとアンティークの組み合わせ。優雅でロマンチック!という印象ですが、甘くなり過ぎないのは、シャンデリアの上にある、ハードなスチール製レールとボクシンググローブが醸し出すインダストリアルでマッチョなエレガンス。この発想、本当に驚かされました。

これだけの質のアンティークをたっぷり使いながら、どこか肩の力が抜けていて、向かいの建物も窓もインテリアの一部になっているような溶け込み方。

大理石の幾何学模様や打ちっ放しの天井も、不思議な世界観の大切な要素。





ここに似合う花は赤い薔薇、一択。

このムードには、19世紀の博物誌標本的なデコレーションがまた似合います。この壁は鳥の羽!

このコーナーはまさに博物誌のムード。遠い異国のエキゾチックな動物たちに憧れた冒険家の夢と浪漫が溢れています。そしてティモシーさん、ルイ・ヴィトンのケースのコレクターでもあるのです。マンダリン・オリエンタルとのコラボで開催されたアフタヌーンティーの時も、たっぷり飾られていましたね。

大理石を透かして照明をするとこんな幻想的になるなんて。子鹿のマークが目印のBabychamのビンテージグラスでいただくシャンパン!

ボクシングを思い出させるマッチョエレガンス。さまざまな素材が使われています。

カウンターもいいけれども、ゆったり座って食事をしたいならテーブルですね。

食器もすべてアンティーク! 昔、香港からヨーロッパ向けにデザインされたBlue Willow(青い柳)のお皿。

こんなに独自の世界観を持ち、こだわり抜いた空間にふさわしい料理。それはやっぱりモダンブリティッシュ! 長くなるので、2回に分けますね。料理編、どうぞお楽しみに♪

 

 


 
*****本ブログの電子書籍「香港ときどきマカオ Vol. 1」が出ました!*****
お勧めの広東料理店、クリエイティブ点心、ローカルご飯など、香港ならではの食に加えて、美と健康、老舗での買いもの、最新バーなど幅広くカバーしています。ぜひ次の香港の参考にしてください。詳しくはこの記事を参照ください→次の香港旅の参考に!電子書籍「香港ときどきマカオ Vol. 1」(サンプル記事入り)

Hanako「香港すべてが叶う街」取材秘話&秘蔵写真一挙公開

発売から3週間以上経ちまして、まもなく次号が出てしまいそうなHanako「香港すべてが叶う街」特集が出ている月刊化第一弾の12月号、もうご覧になりましたか?




8月末から10日間、みっちり取材&撮影し、その後、執筆や校正をし、10/26に発売されたこの号。ついつい発売される頃には別の仕事で大忙しで、すっかり遅くなってしまいました。せっかくなのでまだ発売されている間に、いろいろと秘話なども公開しちゃいましょう。

改めて取材期間に携帯で撮った写真を見ると、雨がわりと多かったんですね。一日にたくさんの場所を回るし機材もあるし、体力温存のために、雑誌の取材はタクシーで回ることが多いのですが、雨が降ると何と言っても、移動が格段に難しくなって、コーディネーターとしては辛いところ。

ということで、タクシーの行列にも頑張って陣取ります(笑)。このセブンイレブンの傘は、日本からの取材陣の皆さんが「あのデザイン、斬新!」と喜んで買ったものをお借りしています。そうか、日本から来るとこういうのが珍しいのか、とその感覚が斬新に思える在住者。

そう。このとき向かっていたのは、アフタヌーンティーのページのGough’s on Gough! あまりの優雅さに、担当編集の阿部さんとカメラマンの長野さんの小指が・・・・・・この日はもう撮影何日目だったかな?だんだんおかしくなってきた頃ですね(笑)。

そう言えばこのときは、この店でアフタヌーンティーが始まる発表があった直後でまだ実際には始まっていなくて、香港のメディアよりも早い取材第一弾がハナコだったのですよ(ドヤ顔)。出版される頃にはあちこち既にもちろん出てましたけど(切ない、笑)。

クラフトビールで紹介したBlue Supreme、この赤いビールや食べものが美味しかったなー。誌面には出せなかったけどよかったものってたくさんあるのです。

うちの娘にも出てもらったハナコラボのページで、大館で撮影のとき。担当ライターさんの大澤さんと言えば、ブログもおなじみですよね!

ちなみに娘が履いている靴は私の、着ているシャツは私の母のお下がりです(笑)。

この後はランチを食べに撮影チームを一楽焼鴨にお連れしました。何がどうしたって美味しい!

ちなみにハナコラボのもう一軒は、おなじみの粵東磁廠です。この取材の日は、先代もいらっしゃって賑やかでした。この弾ける笑顔は、私の得意の決めぜりふ「ほーれんじゃいー!(イケメン!)」がツボにハマって、わっはっはーと笑っていただいた瞬間です。




本誌で使われているカット撮影中かも!?

ホテルページ撮影中に入った、マレーホテルのスイートにあった冷蔵庫。好き!!!

このお風呂も入ってみたいものですね~♪

ヒルナンデスでもお世話になったホテルVICのアメニティも好きなのです。イラストが冴えてます! 北角の新戯院をイメージした広東オペラの役者さんの姿が!

実はずっと前に仕事した、貝印の方達とHanakoで再会しました!ご縁あり過ぎ。

電子書籍のデザインをしていただいたイケダマサヤさんとも何とご一緒したという!カンパーイ!

こちらはQuinaryの可愛いスタッフ撮影中!

大館の超美麗Dragonflyでは「二の腕を太く見せないポージング」の指導を受け、このような結果に!

カオルーン・シャングリラの名物スタッフ、エディさん <3 にこやかでスマートで威厳もあって、ほれぼれしました。ありがとうございました!

いっつもお世話になっているアントニオとも!

今回は彼のバー3軒、たまたま入っていました。Ori-Ginも実は彼の店。

このお風呂カクテルが有名なのです。

これは最終日の撮影だった、ロイヤルパシフィックホテルでアフタヌーンティーの綿飴と格闘中!

同時にあちこちで動いていた他のチームと最後は合同打ちあげ火鍋。銅鑼湾のSUPPAです。

一つ一つじっくり紹介したい店ばかり掲載していますので、それは後日ということで、まだご覧いただいていない方、ぜひっ!

とにかく精一杯走り回って怒濤の撮影&取材&執筆の成果がこめられています。出来上がったものを見ると、さらっと作ったように見える(まあそうでないと楽しく読めないですしね)ものですが、現場では想定外の出来事だって毎日発生する中(というか、そういうことがなくスムーズにすべて終わる取材って今まで経験したことがない、笑)、全員大奮闘していることは確かです。

今のうちにどうぞご購入して、次の香港の参考にしてくださいませ♪




 
*****本ブログの電子書籍「香港ときどきマカオ Vol. 1」が出ました!*****
お勧めの広東料理店、クリエイティブ点心、ローカルご飯など、香港ならではの食に加えて、美と健康、老舗での買いもの、最新バーなど幅広くカバーしています。ぜひ次の香港の参考にしてください。詳しくはこの記事を参照ください→次の香港旅の参考に!電子書籍「香港ときどきマカオ Vol. 1」(サンプル記事入り)

告知:ヒルナンデス「香港週末女子旅」第2回は11月14日放映です♪

先々週のヒルナンデス「香港週末女子旅」ご覧いただけましたか?

いよいよ第2回が今週の水曜日、11月14日11:55~13:55の間に30分間放映されます。おそらく番組の最初になる模様です! お仕事中の方も、ぜひ録画予約を♪




今回は2日目のテーマパークの後から始まります!

この予定表をよく見た方は昼食と夕食を見てびっくり仰天かと思います(笑)。いろいろ大人の事情や現場の混乱その他ありまして、こういうことになりましたが、私、決して最初からこんな予定は組みませんので(笑、一応言い訳をしておかないと、「歩くガイドブックとやら、メチャクチャで、どSなコーディネーターなんだ」と思われては大変!)

詳しくはまだ内緒ですが、実際にはこれよりもっと予定が入っていたのを、いろいろありまして最終的にこんなことになったのです(笑)。




いやーあんなに目が回る思いをしたのはもしかして生まれて初めて? テレビって雑誌よりずっとスタッフの人数が多い&タレントさんが入るとますます関係者が増える、もともとギューギューな予定だから、ちょっとしたことでどんどん遅れるし、先方の事情で時間を動かせない予定もある。でも自分は演者でもあり、カメラ回っている間は電話もメッセージもできないということで、しばらくコーディネーターとしてはPTSD状態に陥り、その後、時間と制約に追われる悪夢を何度も見てしまいました、というのも今では笑い話(???)

↓このときはまだロケ始まったばかりでしたねー。

同じ予定を2日か3日かけてこなしたら、きっと程よくて盛りだくさん、楽しい旅行になると思いますのでご参考に!

1回目の放映、Youtubeなどはすべて削除済みのようですが、香港人の方も見ているようで、こんなブログあったよ、と何人かの友だちに教えてもらいました♪

[日本在香港] 日本午間節目強烈推薦!香港週末女子旅~24小時彈丸之旅行程 (前篇)

ロケ始まる前にはとても緊張しまして、ハリセンボンさんとカレンさんの3人は実際どんな感じですか?とスタッフの方に聞いたところ、「テレビで見るの、そのままだよ」。テレビで優しそうなのに実際は怖いとかあったら嫌じゃないですか(笑)。でも本当に言葉通り、テレビで見るまま、面白くて優しくて機転が利く方達で!

ハードスケジュールの中、腹の底から笑わせていただきました。なんたる役得!

面白い瞬間がたくさんあった中で、私が一番笑ったのは・・・・・・夕食ですね!さすがプロのコメディアンの職人的な間とリズムというのを目前で体感して、お腹がよじれるかと思いました(オンエアされてるといいな)。

1回目でいちばん笑ったのは「怪物!」でしょうか(思い出し笑い)。さらにパワーアップしているよとのディレクターさんからのお言葉もあり、楽しみ過ぎます!




撮影最終日(タレントさんが来る前も帰ってからも、たくさん撮影がありました)、やっと夕ご飯が食べられる時間ができて、打ちあげはVIC Hotelの目の前にある街市の中の東寶小館へ。

毎日撮影が深夜まであったので、なかなか夕飯をご一緒できず、「この中に有名なレストランがあるんですよ」と言っても皆さんピンと来なくて行かなかったそうなのですが、最終日、閑散とした街市のエレベーターの扉が開いた瞬間の、「うぉーーーー」というスタッフの皆さんの目の輝きと言ったら。早朝の蓮香居でびっくりした瞬間の春菜さん以上の驚きだったみたいで、あれをビデオに撮りたかった位です!

美味しかった!やっぱり雰囲気が楽しいですよねー。またこれは別のブログで。

ということで、ぜひぜひ番組をご覧下さい!

*****本ブログの電子書籍「香港ときどきマカオ Vol. 1」が出ました!*****
お勧めの広東料理店、クリエイティブ点心、ローカルご飯など、香港ならではの食に加えて、美と健康、老舗での買いもの、最新バーなど幅広くカバーしています。ぜひ次の香港の参考にしてください。詳しくはこの記事を参照ください→次の香港旅の参考に!電子書籍「香港ときどきマカオ Vol. 1」(サンプル記事入り)

 

速報!「ヒルナンデス」香港週末旅!第1回が放映されました♪

先日からお伝えしていたテレビ番組「ヒルナンデス」の香港週末旅の第一回目が本日放映になりました~\(^O^)/ ご覧いただけたでしょうか? お昼の番組だったので、録画されている方はこれからでしょうか?

むふふ「歩くガイドブック」という異名をいただきまして(笑)、案内役を務めさせていただきつつ、なぜかジェットコースターまでご一緒してしまいました~。

滞在が短いだけあってもう、撮影も分刻みで走り回りましたが、楽しい雰囲気になっていますよね。良かったです!

せっかくなので、今回取り上げているところのご紹介も。

1日目

★最初にPMQの階段昇っているの、私ですw

1)Ping Pong 129
このブログではお馴染みのバーですね! 南原さんが「入っちゃいけない、入っちゃいけない!」って言っているのが面白かったですね(笑)。知らないと怪しく見えるんだ~と思い出しました!

ちなみにいろいろ出てくる街やバーの写真、私が撮影したものなんですよ♪

実はこの時、店の中ではるかさんが剣玉の腕前を披露してくださったりもしたんですよー。

バーに関する情報は、ブログ本「香港ときどきマカオ」に詳しい記事を掲載しています。ぜひご覧下さい~。

ぜひぜひ電子書籍ご覧下さい♪


2)Hotel VIC on the Harbour

オープンして間もない北角の素敵なホテル! 今発売中のHanakoにも紹介しています。今回プールは撮影のために、普段は入れない遅い時間に入れていただきました!

「新弟子じゃねーよ!」最高ですね(笑)

2日目

1)蓮香居

朝飲茶の取材はよくしていますが、今回は開店とほぼ同時に何度もうかがいました。あのエレベーターのドアが開いた瞬間の皆さんの生の驚き、嬉しかったですね♪

ちなみに最初は、蝦餃とか焼売とか、いちばん一般的なものを紹介しようと思っていたんですが、その場の流れで、最初に来たワゴンにあった点心をいただきました!結果なかなかマニアックで面白いのを食べていただけて、それも良かったです。

放映では使わなかったけれど、キッチン内の撮影もしたんです!役得で初潜入。

もう本当に、車の中でもお店でも普通に皆さんの会話が楽しくって、笑いっぱなしでした!

2)オーシャンパーク
実はこの間に一軒あったのは、残念ながら没になり(実際には、放映よりもっと行く先が多かったのです)、行って参りました。オーシャンパーク。

さっそくですがヘアレーザー!

本当は私は乗る予定じゃなかったのですが、その場で皆さんが「甲斐さんも一緒に乗りましょうよー」って誘ってくださり、それなら、ということでご一緒しました。

でもカメラマンさんが乗らないというのは知らなくて、えー?えー?とびっくり(笑)。その場で面白い反応を引き出すためのアイデアだったそうです。コーディネーターまでもを欺くサプライズでした(だって私がカメラマンさんが同乗して撮影する申請とかしたんですよ、笑)。

私は元々わりと絶叫系は大丈夫な方ではありまして、これも昔乗ったことあるし・・・・・・と思っていました。

で、「足場がないって本当ですか?」ってカレンさんに聞かれて「あれーありますよー足場」と答えていたら。

いざとなったら足場ない! そう、私は今までいつも後ろの方の席だったので、足場をよく見ていなかったのでした。今回一番前に乗ったので、この足の解放感! いやーすごい迫力でした。

すぐ前の線路がぐねぐねになっているのが見えて「どうやってあそこに物理的に次いるの?」というのでしょうか。

皆さん、高いところ苦手らしいのに、しっかり楽しく撮影していて偉いなーと尊敬でした。



パンダもたっぷり楽しんでいただいて!良かった良かった♪

このとき撮ったルール―。

飼育員体験が満員で今回試せなかったのが残念ですけど、私もあれはやってみたいですねー。

オーシャンパークで寝ていたワニ君。

ということで次回はまだ未定ですが2回目もあります。まだまだたくさんのアクティビティーがありますのでお楽しみに♪

 

 

 

 

 

日本テレビ「ヒルナンデス」10月31日放送に出演&コーディネイトをしています♪

皆様、昨日発売になったHanako12月号「香港 すべてが叶う街」はご覧いただけたでしょうか? 私は・・・・・・まだです(笑)




手元に届き次第またいろいろ裏話&ご紹介などしようと思いますので、そちらは取りあえずおいといて。

そうなんです。「ヒルナンデス」なんです! 今月初めに怒濤の撮影を香港でしまして、ついに31日(水)に前編が放送予定です。

11:55~13:55の放送時間の間に30分ほど放映されます!! 生で見られる方はもちろん、そうでない方は、ぜひぜひ今から録画予約を!!

香港政府観光局からも告知されています!

内容はあまり多くを語れないものの、ハリセンボンのお二人と滝沢かれんさんの3人組が、香港にいらっしゃって、私はそのガイド役になりました。

もう画面で見るそのままの優しくて楽しくて賢くて素敵な3人組・・・・・・ちょこまか出演させていただいている間にも、あまりに笑い過ぎて泣かされたこと多数。

じわじわっと来る、あの面白さ。天才的な間合い。そう来るかっていう発想。もう最高でした。匠の技を目の当たりにした気分です!!




とにかく過酷なお仕事ではありましたが、いやあ、本当に良い思い出にもなりました♪

MTRがまだ走ってない時間の帰宅&出勤も多かったため、香港の素敵な朝焼けの姿も多数カメラに収めましたw

いつだって美しい姿を見せてくれる香港 <3 (常に前向きに、笑)

そう言えば、今回のドライバーさんは、昨年フィガロで水原希子さんを撮影したときと同じ人でした!

またまたもっと詳しいお話ができるようになったら、再度ご紹介しますが、このブログを読んで下さっている方には、おなじみのスポットがちらほら??? 撮影中にブログ読者の方にも「もしかして甲斐さんですか?」と声をかけていただきました、感動。

5月の手術後、しばらくお休みをいただいて、ちょこちょこ再始動したことが収穫を迎えつつある感じの今日この頃。たくさんご報告することがありますので、お楽しみに!

それではスケジュール表にチェック&録画予約、よろしくお願いします~\(^O^)/




*****本ブログの電子書籍「香港ときどきマカオ Vol. 1」が出ました!*****
お勧めの広東料理店、クリエイティブ点心、ローカルご飯など、香港ならではの食に加えて、美と健康、老舗での買いもの、最新バーなど幅広くカバーしています。ぜひ次の香港の参考にしてください。詳しくはこの記事を参照ください→次の香港旅の参考に!電子書籍「香港ときどきマカオ Vol. 1」(サンプル記事入り)

香港仔の魚市場で贅沢ローカル海鮮ランチ+枕崎の鰹節!?

この不思議なタイトルは一体なんでしょうか(笑)

今年の3月、鹿児島に5人のシェフを連れて食材発見の旅にいったことを前にお伝えしました。→香港トップシェフの鹿児島食材紀行(前・後編)をヒトサラマガジンに執筆しました♪




その時に鰹節の名産地・枕崎でお世話になった「ミスター出汁」こと中原水産の中原さんが香港にいらっしゃる、ということで、急遽ちょっとした同窓会ランチを開くことになったのです。

音頭を取ってくれたのが名シェフのデビッド・レイさん。今年は彼のレストランで私の大好きな「Neighborhood」がアジアのベストレストラン50にもランクインしてノリノリです(笑)。

前々からシェフがよく行く市場として噂には聞いていたアバディーンの街市。

中に入ってみたら、思っていたよりも小さい。ここの何がそんなに特別なのでしょうか。

「とにかく香港の中で、地元の海鮮が一番集まっている市場なんだ」とデビッドさん。他の市場には輸入ものの魚がかなりおいてあるのだそうです。

こちらには色々な種類の海老が並んでいました。

小ぶりなフレッシュ鮑やシャコや。シャコも大きめのものはフィリピン産なのだそう。

アサリっぽい貝類の種類も豊富。

今は手を引いてしまいましたが、かつては西営盤の「フィッシュスクール」を率いていたデビッドさん。地産の魚には本当に詳しいのです。彼が海鮮を選んで、それをレストランで料理してもらうというのが、本日のコース。

くくー!もしやこれは贅沢の極み!?

「フィッシュスープにこれは入れるんだ」と、いそいそと魚を選んでます。

元気のいい蟹はこちらで。

蒸し魚にする魚はこちらから!

さー買い物が終わったら、レストランに持っていって、一つ一つ調理方法などをデビッドさんが指示しています。

ずらっと並ぶ店はみな同じように見える中、「ここがベスト!」というデビッドさんの行きつけはこちら。

さー早速やって来ました!プリプリで少し甘味もある海老!!うわーこれはたまりません。

次にやって来たのは、ミニミニサイズの粒貝風の貝。海鮮ソースをつけて。

一つ一つほじっていただくのです♪

嬉しい驚きだったのが、ローカル鮑! モチモチで力強い食感とフレーバー。正直、超高級の乾物を戻したものより、こちらの方が好みです。貝類の王様的迫力!

食べ終わった貝殻もお美しい♪

新鮮な魚を使った蒸し魚を食べ慣れると、切り身を買って焼いて食べるのが辛くなるというジレンマ。ふわっふわ!

じっくり煮込んでもう滋養と風味の洪水とも言える、海鮮スープ!!美味しい!

この日のランチのスペシャルゲスト、ミスター出汁は当然のごとく、マイ削り器とマイ木枯れ節(熟成させた最高級鰹節)を取り出し、まるで白トリュフのようにその場で削っていろいろな料理に載せていただきました。旨みたっぷりに決まっています!

角度や力のいれ具合や削る場所など変えるだけで、どんどん削れ具合が変わっていくというマジック!





シャコと卵黄をまぶした魚のフライもたっぷり!魚は頭からガブガブいけました。

いったい何人で食べてるんだ?と思われるでしょう、正解は5人です(笑)お腹いっぱい!

しかし蟹も味噌がたっぷり!

なんてゴージャスなお姿 <3

急な集まりだったので、来られたのは右から、鹿児島にご一緒したルカさん(湾仔のオステリア・マルツィア)、デビッドさん、私、中原さん、ルカと最近一緒に働いている稲塚さん。食べきれないーお腹いっぱいーでも幸せですねー♪

もうずーっと地元の人で満席です。これじゃあ来たくなりますね!

目利きのデビッドさんのおかげで、完全にツボをついた海鮮三昧が楽しめました。一人400香港ドルくらいでした! ビールがたまらなく美味しく感じる食事でした!

ランチには参加できなかった鹿児島メンバーのオクラのマックスのところへ、この後中原さんと一緒にお邪魔しました。できるだけうす~く削るためのコツを伝授中。

ほんの30分のセッションでもとても実りがあったよう!

その後、木枯れ節で出汁をとった、鱈肝のスープをいただきました。あん肝ラバーな私ですが、これは・・・・・・さらに美味しいではありませんか。



その後、中原さんは他のシェフのもとで指導したり、食事をしたりして香港を後にしました。プロの手を借りて美味しいものを食べつつ、プロとプロの出会いを取り持つことができて、さらに美味しいものが生まれる種を蒔くことができた気がして、とても幸せなる午後のひとときでした。

また連れて行ってもらわなくっちゃ!

https://amzn.to/2Id6hHD

*****本ブログの電子書籍「香港ときどきマカオ Vol. 1」が出ました!*****
お勧めの広東料理店、クリエイティブ点心、ローカルご飯など、香港ならではの食に加えて、美と健康、老舗での買いもの、最新バーなど幅広くカバーしています。ぜひ次の香港の参考にしてください。詳しくはこの記事を参照ください→次の香港旅の参考に!電子書籍「香港ときどきマカオ Vol. 1」(サンプル記事入り)

 

Hanako12月号「香港-すべてが叶う街」10/26発売です!!

8月から動き始めていたハナコの香港特集!!!ついに10/26に発売になります♪




題して「香港 すべてが叶う街」!!! こちらが表紙です。

すでにアマゾンで予約受け付け中!!

私は今回は、コーディネーター&ライターとして参加しています。

香港といえば古今東西ハイ&ローと色々なことを一気に楽しめる街としてよくご紹介している通り、「すべてが叶う」のです!! 特集も「定番と最先端」という軸になっています。むふふふふ。また出版されたら詳しく中身をご紹介しますが、いろいろ最新のお店も出せたかな~と満足しています。

ご一緒したカメラマンの長野陽一さんの写真が美しくて!!!見応えありますのでお楽しみに~。

ちなみに何を隠そう、ちょっとした母娘共演??(私は文字で)しているページもあるのですよ!!

そしてHanakoは今年30周年記念!実はこの号から月刊誌に変わるという特別な一冊のテーマが香港ということで嬉しいですね。創刊時からHanako片手によくあちこち歩いた記憶がある元Hanako族としては光栄の極みです(年ばれる!)

早く皆さんにお見せしたいです。どうぞお楽しみに!




2018年の月餅をフィガロブログにご紹介しました

またしても久しぶりになってしまいました、大変遅ればせながら今年いただいた月餅をフィガロブログにご紹介しています。




2018年も華やかでした♪ 月餅コレクション

なるべく作りたてのものを時間をおかずに届けようとしてくださるせいか、この時期になるとデリバリーの人からガンガン電話がかかってきます。不在票で、なんてやってると古くなってしまいますよね。

こちらはやっぱり毎年感動するペニンシュラのスプリングムーンのミニカスタード月餅。

ぜひフィガロブログ、見てください!

いろいろ嬉しいお知らせもあるので、どんどんアップできるように頑張ります♪




https://amzn.to/2Id6hHD

*****本ブログの電子書籍「香港ときどきマカオ Vol. 1」が出ました!*****
お勧めの広東料理店、クリエイティブ点心、ローカルご飯など、香港ならではの食に加えて、美と健康、老舗での買いもの、最新バーなど幅広くカバーしています。ぜひ次の香港の参考にしてください。詳しくはこの記事を参照ください→次の香港旅の参考に!電子書籍「香港ときどきマカオ Vol. 1」(サンプル記事入り)

ぐっと広く入りやすく! Little Bao Dinerが銅鑼湾にオープン

最近ではエスティ・ローダー香港のCMにも登場するなど、大活躍の女性シェフ、メイ・チョウさん。

彼女と言えばSOHOのリトル・バオから始まり、セカンド・ドラフト、ハッピー・パラダイスでどんどん新世代の広東料理を開拓している代表選手。




中でもそのルーツであるリトル・バオは、アメリカからの帰国子女的センスでバオをバーガー風に変身させ、アメリカンダイナーっぽさを前面に出した画期的なレストラン。

元々人気でしたが、BBCなど海外のマスコミにも大きく取り上げられ、アジアベスト女性シェフにも選ばれてからは、SOHOの小さな店は常に行列で、なかなか入れないというイメージになっていました。

第二号店作ってるよ~とはちらちら聞いていたところ、先日ついに!!銅鑼湾に大幅にスケールアップしたLittle Bao Dinerがオープン! 実はメイさんが初めて催したというメディア試食会に行ってきました♪

ひ、ひ、ひ、広い!!! SOHO店の10倍ぐらいあるでしょうか!? いや、もっとあるかも!

場所は、ビクトリア公園の向かい側、前は巨大なパシフィックコーヒーがあったところです。外のスペースも広い! メイさんがメディアのインタビューを受けていました。ここはペット連れの方に人気が出そう。

そして店内! ワオ!ワオ! 本当に広いです。2014年に初めてフィガロのミニ特集でリトル・バオを取材して以来、何度も取材させてもらっているメイさん。なんかすごいな、このスケール! 本当に頑張って来たんだな、と思わず目頭が熱くなりました(笑)。

子連れのファミリーにも気軽に入ってもらえることを意識したそうで、お子様向けメニューもあるのです。

さあ早速、試食タイムです。リトル・バオおなじみのメニューに、新作メニューも加えたラインナップです。



メイさんの料理、アイデアに溢れていて斬新なだけでなく、とにかくキッチリ美味しいのが大好きな理由です。味付けのバランスや組み合わせがスコーン!と小気味よく決まっている感覚がいつもあります。

そんな彼女らしい一品で、これは大ヒットになるのでは?と思ったのが、この海老タコス! プリプリの海老が入ったカリカリのワンタンに、パイナップルのサルサの甘酸っぱさと、アボガドのワカモーレの組み合わせがツボでした。

美味しいおつまみ系が充実しています。これはふわふわと丁寧に作られたイカボール。外の黒い部分は海藻、ソースは黒ニンニクソース。そして、ソースの小皿は?おお! リトル・バオのオリジナルではないですか。可愛い!

こちらはさっぱりした帆立のセビーチェを、餃子の皮を揚げたチップスでいただきます。

リトル・バオの名物メニューも健在です。フライドポテトに椎茸のテンペ、黒トリュフマヨネーズにタクワンという、一見不思議な組み合わせながら、マヨネーズで少ししなったポテトと、タクワンのコリコリ感、漂う茸類の芳香が癖になるのです。今でこそトリュフが巷に溢れているけれども、2013年のリトル・バオ創業時には衝撃的でしたっけ。

そしてこちらもリトル・バオからの名物料理! 麻辣が効いている四川風フライドチキンです。ここのフライドチキン、何が違うかというと、広東料理で使われる香港産の三黄鶏を使っているので、鶏肉の美味しさがしっかりしていて、カジュアルでも贅沢!

キュウリの酢の物的付け合わせがぴったりです。

ちなみにカクテルにも気合いが入っているのがメイさんらしさ。

フライドチキンは3種類。こちらは標準タイプ。辛いのは苦手な方に。外はカリカリ、中はジューシー!

こちらは新作の担々麺のソースをイメージした、ピーナッツバターとチリオイルを絡めたフライドチキン。かなり辛い!

もちろんバオも健在! じっくり煮込んだ豚バラと紫タマネギ、そして北京ダックにもついてくるホイシンソース(海鮮醤)で作ったケチャップがばっちりのコンビネーション。

 

リトル・バオで食べて感動した一品は酔っ払い貝。ハマグリ風のおおぶりな貝が紹興酒に漬けられて、大変美味なワケですが、面白いのが下に敷かれたマッシュポテト。意外な組み合わせながら、貝のうま味が混ざった紹興酒のソースが染みこんだポテト、いけるんです。

そして会えました、永遠の恋人、アイスクリームバオ。抹茶アイスにコンデンスミルクが絡まっていて、滑らかな舌触りとこの揚げたバオの軽いカリカリ感との溶け合い方が!! ちなみに写真だと大きく見えますが、程よいミニサイズなのです。

本家リトル・バオと同じく、予約不可。これだけ広いから入りやすそうですけど、場所柄、ますます大人気を博しそう。

リトル・バオに行って見たかったけれども、敷居が高く感じていた方、迷わずGOですよ!

この日お土産にいただいたのが、リトル・バオのキャラクターグッズ! なかなかパンチが効いています。人気が出そう。Tシャツはリトル・バオ開店4周年記念のもの。

そして店内で使われていた小皿。四季常春って、4人の童子がいる昔ながらのお皿デザインを、リトル・バオちゃんのキャラにしてあります。これは嬉しい。

*****本ブログの電子書籍「香港ときどきマカオ Vol. 1」が出ました!*****
お勧めの広東料理店、クリエイティブ点心、ローカルご飯など、香港ならではの食に加えて、美と健康、老舗での買いもの、最新バーなど幅広くカバーしています。ぜひ次の香港の参考にしてください。詳しくはこの記事を参照ください→次の香港旅の参考に!電子書籍「香港ときどきマカオ Vol. 1」(サンプル記事入り)

 

Top