著書「週末香港大人手帖」の情報アップデート

ついに様々な規制が緩和されて、日本から香港にいらっしゃる方が増えているようです!
ほとんど3年ぶりですよね、久しぶりの香港、お楽しみいただいていますでしょうか。

私が2019年4月に講談社から出版した「週末香港大人手帖」、今も読んで下さっている方がたくさんいてとてもありがたいのですが、とにかく世界がその後一変してしまって、店や人がめまぐるしく変わるのは避けられないにしても、そのスピードがすさまじく加速してしまったのは確かです。

購入いただいた方のために、情報の更新をしなきゃと思いつつ、実際に香港に来ていただけない状況だったので、まだ早い、と待ち続けていましたが、この度改めて見直してみました。すると確かに結構変わっているけれども、思ったよりそのままのものも多いな、ということにも気付きました。

 



改めて、まだまだ香港にいらっしゃる方の参考にしていただける情報がたっぷり入っているなと気がつきました! Kindle版もありますよ! Kindle版はセールになることが多いようなので、ぜひあちこちの電子書籍ショップを検索してみてください。

まだの方、良かったらぜひ手にとってくださいね。

それではいよいよ、本題へ。以下が先日確認した現状です!

第一章
P24 Happy Paradise 閉店(同シェフオーナーのLittle Baoは継続。こちらもお勧めです https://www.little-bao.com)
P26 大班楼 移転
P28 Old Bailey 閉店
P38 口利福 シェフ交替でコンセプトがより落ち着いたものに。
P40 John Anthony 閉店。
シェフはその後、一時Forum Restaurantにいたあと、IFC内のChineselogy  https://www.chinesology.com/ をオープン。

第二章
P57 The Old Man 創業者チームが抜けて、別のチームが運営。創業者のAgung Prabowoはその後、中環のサステナブルなバーPenicillinを創業。

Menu

第三章
P62 Frantzen’s Kitchen 総料理長のJim Löfdahlが独立し、同じ場所でEmblaを開店。https://www.embla-hk.com/

P64 Gough’s on Gough 閉店。総料理長Cary Dochertyは、The Upper HouseのSalisterraの総料理長に。

P66 Belon 移転。当時のシェフ、Daniel Calvertは、フォーシーズンズ東京のSezanneを率いて大成功。

第四章
P74 Yum Cha 総料理長はP38口利福の点心シェフに。

第五章
P102 Kapok 移転(4軒ほど隣の8 sun street)
P104 Inbetween 移転(https://www.facebook.com/inbetweenshop/)

第八章
P129 227 Dessert Tavern 閉店
P134 Flamingo Bloom 閉店

新しい情報を満載した次の本が出せるように、これからも頑張りますので応援よろしくお願いします 🙂



朝日新聞デジタルにM+と故宮の深堀り記事を執筆しました

新年明けましておめでとうございます!
なんとクリスマスの後にコロナ陽性になってしまい、そのまま年明けという波乱のスタートとなった2023年です。まあ低いところから始まれば上る一方と考えることにしました♪




体調は、最初の数日はさすがに良くなかったものの、その後はほぼ通常運転で、ひたすら陰性になって外に出られるのを待っております~。

ということで、昨年末にシェアしておきたかった仕事もいろいろとありますので、ご紹介していきます。

そう、ついに香港への入国規制がほとんどなくなりました! ぜひぜひ皆さんに香港で楽しんでいただきたい新しい施設の代表格ということで、二大新美術館「M+」と「香港故宮博物館」をこちらの記事でじっくり紹介しています。

香港に世界クラスの美術館が相次ぎオープン 移築した日本のすし店、北京の故宮博物院900品のコレクション

M+はデザイン&建築部門のリードキュレーター、我らが横山いくこさん、故宮は副館長のデイジ-・ウォンさんにじっくり案内していただきました。

記事には載せきれなかった素晴らしい展示がまだまだ沢山あるんです!!

M+での展示で大ファンになりました、大橋晃朗さんデザインの家具。

記事は長めなのですが、記者として自分が案内していただいた時の驚きや感動などを疑似体験していただきつつ、自分の目で見たい!という気持ちを持っていただきたいと思って書いております。

こちらは香港故宮の素晴らしきお宝!

特に古くさいという先入観をもたれがちな故宮は改めて、思った以上にデジタルな工夫を凝らしているという個性をぜひ伝えたいなーとこの取材で強く思いました。

ぜひぜひ記事をご覧下さい♪




VLOG#3 「Little BaoでXmas メニュー」をアップしました♪

12月になって香港でもクリスマスの雰囲気がどんどん高まって来ました!




先日は久しぶりに大好きなLittle Baoで、クリスマスメニューの試食をして来まして、再開したYoutube Vlog #3としてアップしました♪

ぜひぜひご覧下さい&気に入られたら高評価&ぜひチャンネル登録していただけたら嬉しいです。

動画撮影も編集も全然慣れないので、1本作るのにも苦労しますが、それでもちょっとずつ分かってくると楽しいですね。修業のつもりで頑張ります!

ぜひこういうネタを、今の香港のこういう場所やものがみたい!などリクエストがあったら、できるだけお応えしますので、コメント欄に書いてくださいね。

そしてこの動画で食べたものや、メイさんが最近行ったもう一つのコラボが素晴らしかったので、その話を「世界のお宅から」でもお話しています(これも何かの修業の一環です、笑。将来の呆け防止かも~)。そちらもよろしければぜひ聞いて下さいませ。




 

 

 

 

M+リードキュレーター横山いくこさんBWA受賞記事執筆しました♪

世界的に話題の、香港の新現代美術館M+「建築&デザイン」部門で、日本人の横山いくこさんがリードキュレーターを務めていらっしゃることはご存じでしょうか。




横山さんは元々凄腕キュレーターであると同時に、スウェーデン時代は、私と同じくフィガロジャポンのライターでもあったということで、香港にたまたまいる私は何度もインタビューを担当させていただいています。

そして今回、フィガロジャポンが主催するBWA(ビジネス・ウィズ・アティテュード)賞を彼女が受賞されたということで、それを記念するインタビュー記事を担当しました!

欧州での多彩なアート活動から一転、アジア最大級の美術館キュレーターに。

いつもなら美術館の紹介になるところが、今度は横山さんの生き方そのものということで、話を伺いながら、いやもう凄いな~という部分と、生活や仕事のシーンは違っても、生き方に励まされたり参考にさせてもらったりできそうな部分を、なるべく両方書くようにしたつもり・・・ではあります!

こちらは本誌とウェブ、両方に掲載されていますので、ぜひぜひご覧下さい!



Vlog2「超絶夜景とスターフェリー」をアップしました♪

本日、Vlogの第二弾でこちらの動画をアップしました!




 

通りがかりにあまりにきれいで撮影してました。やっぱりすごいです、香港の夜景って。

2回目なので、前回よりは少し作業になれました。でもゆったりし過ぎで眠くなっちゃう系でしょうかw 寝付けない夜になどぜひ(じゃないか)

次回は元気よく、自分もしゃべるようにしようかと思います(少しずつ進歩するということでw)

この巨大グミベアも登場しています!

ご覧いただいてコメントいただけたらとっても嬉しいです♪

今日更新になった Artistspoken でもこちらの動画の話をしています。よろしければ合わせてお聞き下さい~。




香港VLOG始めました!1回目はMariko Jesseさんの展覧会訪問♪

2020年に何本かアップして以来すっかり止まっていた、私のYoutubeチャンネル、なんと奇跡の復活です!




HKTOKIDOKI VLOG1 あの素敵な食器の作者に会えた

テーマは前回のブログ「あの「Hong Kong Toile」作者Mariko Jesseさんの展覧会へ 」
です! マリコさんの肉声も入っています!

動画制作素人でお恥ずかしいのですが、動画を作る作業自体は結構楽しいのですが、とにかく手間がものすごくかかるので、VLOG形式でなるべくさらっと簡単にすることで、週1(←目標値、笑)位でアップできたらいいなーと思っています。継続は力なり!とそちらを目標に。

まだまだ皆さんが香港に遊びに来られない状況の中、街の様子などもどんどんお見せできるようにしたいです。ぜひご覧いただき、Likeやチャンネル購読よろしくお願いします。




あの「Hong Kong Toile」作者Mariko Jesseさんの展覧会へ

あの「Hong Kong Toile(香港トワール)」と聞いてもピンと来ない方、こちらの写真を見れば、あれだ!と分かっていただけるでしょうか。




そうです、あの点心の蒸籠やスターフェリー、鳥かごなどの香港らしいものが散りばめられつつ、とても洗練されていて素敵なシリーズ。私が最初にこちらを目にしたのは10年以上前。ガイドブックの取材中に目にして、一目惚れ!

普通はこういう柄にするとお土産品ぽさが出るのに、これはまったくならないのはさく並々ならぬ作者の方のセンスの賜物だと思っておりました。

こちらが新しいシリーズ。

ところでこれは誰が描いているんだろう、というのは長年の疑問で、どこかで日本人の方が描いていると聞いた気は確かにしていました。

たまたま数年前に、それがMariko Jesseさんであることが分かりました。お母様が日本人、お父様が英国人。そして英国、日本、香港で暮らして今はサンフランシスコ在住というマリコさん。香港への深い愛情があればこその作品なんだなということがよく分かります。

そして先日! マリコさんの展覧会が香港で開かれたのです。実はちょっとしたきっかけで、インスタグラム上でお互いをフォローしあってお話する仲になることができて、そのことをお知らせいただいてから、これはもう行かねばならぬ!と張り切っておりました。

場所は中環のFringe ClubのFringe Valut Cafe! 彼女の作品は大変人気が高くて、たくさんのファンが訪れていました。




いたいた! マリコさーん♪ とってもお茶目な方なんです。

たくさん動画も撮ったので、一念発起してVlogも作ろうと思っているので、そちらは気長にお待ち下さい♪

ここにはクリスマス特別バージョンで、ゴールドが入ったシリーズも!

イギリスでの作品もありました。とにかくもう素敵!

そして日本で木版画を学んだというマリコさん。またひと味違う版画作品も飾られていました。

版画ならではの素朴さと暖かみがありますよね! お話をうかがうまで、いかに日本の木版画というのが特別なテクニックなのかということを知りませんでした。

さて。この日、大変楽しみにしていたのがこちら。そう、マリコさんが香港や英国に続き、日本を題材にしたトワールを作られていると! そしてそれを見て、これはすごいと感動。ありがちな題材じゃないんです。

相変わらずのエレガントな雰囲気。ん?あのジグザグは?

ゴジラ!!! な、なんと! そしてよく見るとロボットや温泉、富士山にラーメン、新幹線・・・・・・この美的センスとユーモアの融合がたまりません!

とっくりもいいですねー!!

日本でもぜひ販売したいので、ただいま取り扱って下さる事業パートナーを募集中だそうですよ。ご興味ある方、私に連絡してくださったらおつなぎします♪

実は一度飲みに行く機会がありまして、お話していたら、びっくりするほど共通点が多かったりして、とても嬉しくなりました。やっぱり作品がもうとにかく好き!っていうのは何かDNAだか血だか分かりませんがw 流れているものがあるんですね。

また次回お会い出来る日が楽しみです!



朝日新聞&Travelに「世界のワイン集まる香港 東西美食とのペアリング」執筆しました♪

香港入国後、隔離がついになくなって、あとは3日間の観察期間が残っているため、まだまだ香港に観光目的でいらっしゃるのは難しいままなのですが、来年には??という希望もありますね。




過去ほぼ3年位、香港には多数の新しい店がオープンしていて、まったくお伝えしきれていませんね。そんな中、毎年開催されていたWine & Dine Festivalに絡めて(←今年はレストランウィークのような形での開催です)、こんな記事を執筆しました♪

世界のワイン集まる香港 東西美食とのペアリング 

ここで紹介したレストランは、以下の3軒です。

1)WING

VEAのシェフ、ヴィッキーさんが新たにオープンさせた中国料理店! すでにとても話題ですね。記事で詳しく紹介できなかった料理も素敵なものばかり。このナスをまるでお下げ髪のように編み込んだ前菜も、美味しくて麗しくて♪

ワタリガニの紹興酒ソース和え、素晴らしい風味でした。

ちなみにトップ写真の料理、殻の下には、こんな風に蟹粉のソースが入っているんですよ。お皿は私の記事でおなじみのYuet Tung China Worksのビンテージだそうです。

VEAファンの親世代がWINGにはまってくれたそうで、ファン層がぐっと広がっているとか。

ビッキーさんと久しぶりのインタビューでじっくり話して旧交を温めさせていただいて、写真も頑張って撮って、とても楽しい取材でした!

私の特技:なんとなくその日行く店と色がコーディネートされる予知能力、笑。




2)Clarence

こちらも長年香港にいらっしゃるシェフ・オリヴィエの新店です。私は以前から彼のお店で試食する機会をいただいていたのですけど、きっちりインタビューをさせていただいたのは実は今回が初めてで、とても楽しみにしていました♪

記事内で紹介している焼フレンチー、本当にしっかり考えられてデザインされて調理されていて、お勧めです!!

オリヴィエさん、二人目のお子さん予定日直前というタイミングで、いつ呼び出されるかとドキドキしていたのではないでしょうか?

香港で長く活躍するフレンチシェフならではの、興味深い話をたっぷり聞かせていただきました!

3)The Baker & The Bottleman

みんな大好きオーガニックな英国料理のROGANICが始めたベーカリー&ワインバーとして、さっそく大人気のこちら。質が高いけど気軽でワクワクもある、素敵な一軒です。

フィッシュバーガー&シャンパンも最高だったけど、このスティッキートフィー&アールグレイアイスクリームとデザートワインも濃厚で幸せだったなあ~。

今回は2階のワインバーのみ紹介でしたが、1階のベーカリーも本当に美味しいんですよ♪

ぜひ記事をご覧下さい♪

 



10/10夜8時頃よりJ-Wave「Jam the Planet」出演です♪

直前になりますが、本日の夜、ときどき出演していますJ-Wave「Jam the Planet」に久しぶりに登場いたします。

10分の生放送なのであっという間ですが、いつも素敵な司会者のグローバーさんとのお話が楽しみです♪

東京の方、ぜひお聞き下さいませ♪




BRUTUS 9/15号「City」とウェブサイト「SDGs」に香港情報を執筆しています♪

日本は朝晩涼しくなってきたと聞きますね。香港もほんの少し涼しくなりました(まだ30℃になりますが、笑)。これからの過ごしやすい季節がとても楽しみです!




しばらくの情報発信引きこもりのせいでまったく告知をしていませんでしたが、昨年から時々、BRUTUS本誌の「City」というコーナーで香港の情報を執筆しています。

今発売中の9/15号でも、P11でミラノ、バンコクと共に香港の情報を書いております。これはお題をいただいてそれに答える形式なので、時々答探しに悩むこともありますが、自分でも新しい発見がよくあって楽しんでやっております。




表紙はこちらです!(ポストに折られて入っていたので歪んでしまいました、汗)

ドーナツ特集美味しそう!! ぜひご覧下さい<(_ _)>

そしてこの内容の1つを少し拡大した形でBRUTUSのウェブサイト内の「世界からお届け! SDGs通信」というコーナーに掲載されています。

世界からお届け ! SDGs通信香港編 「モバイル機器購入費用を補助」

収入上位と下位の差が40倍(月収200万と5万)と香港の格差は本当に凄まじいものがあり、是正されるどころか広がるばかり・・・・・・。生活が苦しくても、将来、自分達と同じ苦労はさせたくないと、子供達への教育にはできる限りのことをしているという話をよく耳にしますので、こういう政策は必須ですね(本文中ありますように、焼け石に水ではありますが!)。

ちなみにさすがのBRUTUS、小さいコーナーでもみて下さっている方が多くて、よく声をかけていただきます。

以前に香港の人気司会者サミー・レン(森美)さんのことを紹介したら、それを香港のインフルエンサーが発見して投稿して、サミーさんにも伝わりました(元々マネージャーに写真いただいているのですけど、本人は知らなかったようです)。なんと私宛に投稿内にコメントしてくれていたことを、何ヶ月かして香港人の友だちに教えてもらってびっくり仰天! なんてこともありましたっけ。

ぜひぜひ本誌とウェブご覧下さい♪

 




Top