BRUTUS 9/15号「City」とウェブサイト「SDGs」に香港情報を執筆しています♪

日本は朝晩涼しくなってきたと聞きますね。香港もほんの少し涼しくなりました(まだ30℃になりますが、笑)。これからの過ごしやすい季節がとても楽しみです!




しばらくの情報発信引きこもりのせいでまったく告知をしていませんでしたが、昨年から時々、BRUTUS本誌の「City」というコーナーで香港の情報を執筆しています。

今発売中の9/15号でも、P11でミラノ、バンコクと共に香港の情報を書いております。これはお題をいただいてそれに答える形式なので、時々答探しに悩むこともありますが、自分でも新しい発見がよくあって楽しんでやっております。




表紙はこちらです!(ポストに折られて入っていたので歪んでしまいました、汗)

ドーナツ特集美味しそう!! ぜひご覧下さい<(_ _)>

そしてこの内容の1つを少し拡大した形でBRUTUSのウェブサイト内の「世界からお届け! SDGs通信」というコーナーに掲載されています。

世界からお届け ! SDGs通信香港編 「モバイル機器購入費用を補助」

収入上位と下位の差が40倍(月収200万と5万)と香港の格差は本当に凄まじいものがあり、是正されるどころか広がるばかり・・・・・・。生活が苦しくても、将来、自分達と同じ苦労はさせたくないと、子供達への教育にはできる限りのことをしているという話をよく耳にしますので、こういう政策は必須ですね(本文中ありますように、焼け石に水ではありますが!)。

ちなみにさすがのBRUTUS、小さいコーナーでもみて下さっている方が多くて、よく声をかけていただきます。

以前に香港の人気司会者サミー・レン(森美)さんのことを紹介したら、それを香港のインフルエンサーが発見して投稿して、サミーさんにも伝わりました(元々マネージャーに写真いただいているのですけど、本人は知らなかったようです)。なんと私宛に投稿内にコメントしてくれていたことを、何ヶ月かして香港人の友だちに教えてもらってびっくり仰天! なんてこともありましたっけ。

ぜひぜひ本誌とウェブご覧下さい♪

 




祝!香港在住16年目になりました!

8月21日は、16年前に香港にやって来た記念日でした~\(^O^)/ たまにはちょっと近況報告を。



特にお祝いなどしていませんが、やっぱり感慨深いですね。

やっぱり16年って一時代以上違うような感じがあります。

幼かった子供たちも、もう長女は就職済み、長男も9月から就職、次男だけが大学生になってます。

秘蔵の七五三(2歳違いずつだったので、一度に同時にやりました!)写真!まさに香港に渡った16年前の2006年でした。

きゃわゆかったなあ~ <3  子育てものすごく大変だったけど、期間限定な超濃厚な愛に包まれて、今思えば本当に幸せでしたね。




こちらは10年位前かな? 撮影場所は坪洲島なんですよ。とても撮影にいい背景がたくさんあるのでお勧め!とカメラマンの友だちと一緒に行って撮ってもらいました。これもきゃわゆいなー(笑)

最近では息子2人がイギリスで、コロナもあって、なかなか3人揃うことがなく、特に長男は1年半位会えていなかったのですが、この夏はついに3人が同時に香港に揃ってくれました♪

先日、中環のRex Wine & Grillで食事したときです。結論:大人になってもやっぱり、きゃわいいものは、きゃわいい(笑)

16年で私もたっぷり年を取るわ、病気はするわ、髪はなくなって今はベリーショートだわ、ずっと郊外暮らしだったけど、今は都心暮らしだわで、変化が大きすぎます。

先日、ロングヘアのプロフィール写真は別人過ぎるので、新しい写真を撮ってもらいました!ハリウッドパークです♪

何だかとってもプライベートな話になってますが、何より香港ですよね、変わっているのは。

もちろん政治的にいろいろありますし、良さが失われた面はたくさんあるのが悲しいですが、同時にそれでも魅力はまだ残っているし、新しい魅力が加わってくれたらいいなとも願いつつ、私はまだまだ香港を諦めたくないですね!

ブログも気が向いたときだけ更新みたいになっちゃってるので、今の時代と自分に合った発信とは?とちょっと改めて考えてみて、いいスタンスを見つけたいです。

そんなこんなで、ふつつかなブログではありますが、引き続きよろしくお願いします♪




日経Beyond Healthにマンダリン オリエンタル香港「デジタル ウェルネス ジャーニー」を紹介しました

ホテルやリゾートのスパと言えば、女性のためのものというイメージありますよね。



スパトリートメントの、あのリラックス感や満足感を考えると、何となく女性のものとして敬遠している男性陣、いかに損しているのかを知らないな~と思ってしまいます。

香港の一流ホテルでは、ビジネスマンの利用が結構多いよ~と聞くことがあります。一度やってみると、これはいい! と気づくんですよね、きっと。




先日Beyond Healthにアップしたこの記事は、一流ビジネスマンに人気というスパトリートメントについてなのです。

香港から世界へ、話題の「デジタル・ウェルネス・ジャーニー」を体験してみた

場所はマンダリン オリエンタル香港! やっぱり老舗ならではの落ち着きが魅力ですね。

香港のスパ業界は、長らくコロナ禍での強制休業が続いて大変でした。私もしばらく、スパというものの存在が頭の中からすっぽり抜けていて、今回久しぶりに体験して、やっぱりいいな~と思い出したところです。

そしてスマホ依存というか、スマホ中毒というのか、本当に手放せないという状態が、自分でもどんどん長引いている気がして、スマホがない期間の方が人生で長いはずなのに、昔はどうしてたんだ? と考えてしまったりする今日この頃な私にはタイムリーな内容でした!

ぜひぜひ記事をご覧下さい♪




日経Beyond Healthに香港発スキンケア「Skin Need」を紹介しました♪

たくさん溜めています執筆記事の紹介、少しずつ配信していきます!




以前から連載しています日経Beyond Health「香港、世界最長寿の秘密」は、タイトルにちなんだ高齢者向けのサービスや製品に加えて、香港でのウェルネス全般の最新情報もお届けすることになりました。

5月にアップしていて紹介が遅れましたが、まずはこちらの記事

香港最新スキンケア事情、注目の香港ブランドを取材

紹介している香港のスキンケアブランド、SKIN NEEDなのですが、何を隠そう、私の愛用ブランドでもあるのです。




ときどき美容雑誌の「美Story」でアジアの最新コスメ情報の香港編を担当していまして(これもブログで全然紹介していなかった・・・)、香港の地元ブランドのリサーチをしたときに知りまして、お話を伺った上で使ってみたところ、とても良かったんです!

私が使っているのは、水分補給のためのヒアルロン酸、バリア機能を高めるスクワランオイル、乳化剤不使用のプラセンタクリームという3種を、その時の肌の状態に合わせて配合の割合を変えて混ぜて使う・・・というこの記事でも紹介している黄金トリオなのです。

とても純度が高く作られていて、すんなり肌に溶け込む感じがします。どうも同じここのブランドの商品でも肌に合わないものもあるのですが、この3種は完璧にはまっていまして。

肌の調子はずっといいですね!!仕事でサンプルをいただくことが多いものの、やっぱり気に入ったらその後リピートします。

蒸し暑い香港の気候に合わせたスッキリしたテクスチャーというのもいいんだと思います。

記事では紹介していませんが、最近はここのブランドの日焼け止めのサンプルをいただいて使っていて、これがまたすごく肌に優しくて助かっています。香港は日差しの強い時期が長いですからね! これもリピート決定です。

欧米との文化的距離が近いけれども、漢方などの古代の知恵も生活の一部になっている、まさに東西融合・温故知新な香港って、規模は小さい(広告とかほとんど打っていないし生産量もそれほどない)けれども良心的でなかなか優れたビューティーブランドがあるんですよね。

機会があったらまた別のブランドも紹介してみたいと思います♪

とても素敵な知的香港美女が創業したSKIN NEEDの詳しい内容は、ぜひ記事をご覧下さい!




Podcast番組 「Artistspoken 世界のお宅から」で香港の話題をたっぷり届けています

3月から始まった毎週土曜日昼12時(日本時間)更新の「世界のお宅から」、だいぶ回数も重ねました! 思った以上に1週間が早く来るので、十分に告知などができなくなっておりました~。



せっかくなので、今までの分のおさらいも兼ねて内容をご説明しますので、ぜひぜひ聞いていただけたら嬉しいです♪

プログラム名:「世界のお宅から」
世界7カ国から、毎日プレゼンターがその国でのいろいろな話を自由にお話する番組です。
いつでも聞いていただけますが、更新は私の香港が土曜日12時(日本時間)です。

仕組み:Artistspoken(モバイルアプリ)で聞く、Podcast/ラジオ形式です。
※最初の20分は無料です。私の場合はだいたい25分位話してますので、主な部分は無料で十分お聞きいただけます♪ お気軽にぜひぜひ試してみてくださいね。
※それ以降は課金になります。私の番組のサブスクが月300円、アプリ全体のサブスクが月1200円だそうです。リンクがあるのは、このブログ内でもお話している回があるものです。

内容:今までの話をまとめてみたら、以下のようになりました!
8/6:老舗潮州料理と新ルーフトップ(潮州料理店「尚興」とHQueen’s RooftopのPlume)
7/30:英国風点心!? 斬新なコラボ(Roganic x 口利福のコラボ)
7/23:深水歩の新しい姿(おしゃれカフェやショップなどだらけに!)
7/16:今年初の月餅とTa Vieでの食体験(マンダリンオリエンタル香港の月餅とTa Vieディナー)
7/9:東京でセザン食体験 (元香港Belonのシェフが東京のセザンへ)
7/2:台風警報発令 (台風警報8号が出ると、というお話)
6/25:隔離生活スタート(香港から日本に戻ってホテルでの隔離体験)
6/18:さよならジャンボ(ジャンボの思い出など)
6/11:久々の東京体験(3年ぶりの日本で感じたこと、香港との比較)
6/4:インスタ乗っ取り奪還顛末記



5/28:香港の医療とがん手術体験 (沙田プリンスオブウェールズ病院での体験)
5/24:フラワーマーケットでお散歩(現地よりお届け)
5/14:懐石って難しい? 香港の日本食事情(新懐石店「長本」での体験)
5/7:最新モダンチャイニーズレストランへ(新広東料理店「Chinesology」)
4/30:アジアベストバー50 香港から8軒がランクイン
4/23:香港クラフトジン「パフュームツリーズジン」とは
4/16:ハーバーサイドをお散歩② 中環-湾仔-北角
4/9:ハーバーサイドをお散歩① ケネディタウン-中環
4/2:アジアのベストレストラン50 、香港勢のお話
3/26:ハイ&ロー飲茶と点心よもやま話
3/19:話題の新美術館「M+」
3/12:コロナの現状と引っ越し
3/5:漢方ドリンクの名店へ (無料)

※インスタでもなるべく関連した投稿をしていますが、最近追いついていないかも・・・すみません~。

だいたいは自宅でお話していますが、時々現地で録音してくることもあります。
手探りで続けていますので、ぜひ皆さん聞いてくださって、感想や要望など気軽にお知らせください~。香港からの生の声、頑張ってお届けします!!




 

世界のお宅から「香港クラフトジンPerfume Trees Gin-白蘭樹下」を紹介♪

なんと! 公開していたつもりが、下書きのままでした!!ぜひご覧下さい♪
----------------------------------------
日本の皆さんはGW突入ですね! 香港にいながら日本にお客様が多い関係上、GW前に終わらせる案件がどっさりありまして、なんだか釣られてバタバタしておりました。
4/23の更新分です!!




と思ったらしまった、先週アップ分を紹介していないことに気がつきました~1週間って早すぎる(汗)明日新しいのがアップになるので、慌ててこちらを紹介いたします♪

先週の「世界のお宅から」では、香港発のクラフトジン「Perfume Trees Gin」を紹介しました。サムネイルはジンに使われているボタニカルです!

こちらは過去にも何度か記事を書いたりしています。

GQ Japan 香港愛を封じ込めた! 香港発のクラフトジン「パフューム ツリーズ ジン」
メンズクラブ “香港の香り”が封じ込められたクラフトジン

こちらはパッケージに特化したお話。このトラム限定デザインはもう販売していないそうです、残念!

パケトラ 確かな製品を作る小さな会社、香港愛とぶれないプロモーション——「パフューム・ツリーズ・ジン」が香港を走る




本当に何とも言えないたおやかで優雅な香りが漂うので、個性がとてもあるジンだなーと思います。

これを作ったキットさん(過去にこんなブログも!)、カクテルを作ってくれているところ。

実は郊外にあるThe Mills内にワークショップ、販売、試飲などができるスペース(丹丘蒸留所)をもっているんですよ。そちらもそのうちまたご紹介しますね!

ちなみにキットさんが着ている皮のエプロン、かっこいいですよね。実は奥様が深水歩のレザーショップでやっているクラフト教室のようなもので作ったんだとか! 私もやってみたい~。

下は、The Millsでジンワークショップをやっている様子。しばらくコロナ第五波の規制でできなかったけど、そろそろ解禁になるかな?

最近まで全然お酒が飲めない状況でしたので(もちろん今もあまり飲まないようにはしています)、久しぶりに改めて飲んでみたら、やっぱり美味しいなと感動してしまいました。

早く日本でも飲んでいただけるようになるといいな~

ではぜひぜひArtistspokenお聞き下さい♪




美食の夢、続きは東京のSÉZANNEで・・・ Part 2

久しぶりに食べたダニエルの料理。それはもう、凄まじくグレードが上がっていました! Part 1はこちら→ http://hk-tokidoki.com/sezanne1/

 

何しろちらりと見えるキッチンは、以前のBelonの店全体より広いのではという規模! たくさんの優秀なスタッフも揃って、日本中の素晴らしい食材を使って、ダニエルが本当に楽しく料理をしているのが一口ずつからも伝わって来ます。




次々のやってくるメインはもう圧巻の一言。

ぼたん海老が良い感じに柔らかくフレッシュさを残したままポーチされていて、上には刻んだピクルスが。その酸っぱみと海老のふわっとした甘さが良い感じのハーモニーに!

ズッキーニの花も美味しいアクセントでした!

そして見事なチキン! 香港でのチキンも最高だったけど、またこれは新たな創造でした。

そして香港にいたシェフらしさがあって嬉しくなった「酔っ払い鶏」なんですよ、これが。

先ほどのチキンがこのようになって出てきます。酔っ払い鶏は元々大好物な上に。思わぬゴージャスなフレンチバージョンになっていて、嬉しい喜び。ブランデーみたいなカラメルみたいなコンソメソースが最高の引き立て役でした。

これはなんと! コシヒカリのリゾットなんですよ。チャイブや葛、出汁が効いていて、アスパラは柔らかく茹でられていて、中にはお米があるわけなんですが、それがちょっとぬちゃっとした何とも言えない食感で、自分の歯で潰しながら食べると、またそこから風味が味わえるような。




個性の強い料理にぴったりな、熟成弱めなプーアール! 独特の青みというのか味があって、自分で淹れるの難しいタイプなので、プロに淹れてもらえると本当に美味しい。

次の麗しい方はトリガイ! 蒸籠で蒸したネギや、繊細に刻んだイベリコハム、その脂身、フレンチイエローワインなどなど、シンプルな食材を使いつつ、とても複雑で面白い。少し堅めの食感になっていて、細切りでパワーが倍増しているやつです。

こちらは、これぞメイン!の主役の登場。北海道のハンターと契約して持ってきてもらうベニソンなのです。これがもうふわっふわの最高の食感になっていて。低温調理してしばらく置くことで実現するテクスチャーなのだとか。臭みは一切なく、すっきり洗練されていますが、味は濃厚で、添えられた春菊かな、またこれがとっても良い組み合わせでした。

永遠に食べ続けていたいような幸せな食事時間も終わりに近づいてきました。

デザートも相変わらず素晴らしい! これは宮崎マンゴーにライムゼスト+シャンティクリームを載せて。実はすごいネタバレがあるので詳しく説明はしませんが、見事な切り技の真骨頂な秘密があるんです♪

バナナクリームとカラメライズしたシューが最高なデザートもやって参りました!

1人分はこちらです(笑)。よく考えられてデザインされているなーと感心!

ラベンダーのマドレーヌ、ちょっとしたプレゼンテーションでラベンダーの花が置かれた時には「粋だなあ~」とうっとりしました。

ああー幸せ過ぎた東京でのランチ! 最後に少しだけダニエルとも話せました♪

また絶対来るからね!!

優しくて暖かみのある色味や自然素材を重ねたアンドレのデザインする空間は、華やぐけど落ち着くんですよねー♪

久々に好き勝手な食レポ、やっぱこれですね!!(笑)

ではでは月300円のサブスクなのですが、良かったらArtistspokenもよろしくお願いします♪




 

 

美食の夢、続きは東京のSÉZANNEで・・・ Part 1

先日、3年ぶりに東京に帰ることができました。いいことも悪いことも3年間で色々あって、浦島太郎ながらも徐々に東京の景色に馴染むことができました。

最近更新が滞りがちで申し訳ないのですが、@Artistspoken「世界のお宅から」 の更新は毎週やっておりますので、そこで色々なことをお話しています。ぜひ聞いてやってくださいね。




さて、今日はそちらとの連動で、ブログを書いてみることにしました。テーマは、ついに行けました! 特別編で東京のSÉZANNEです。

香港で美味しいもの好きな人はみんな大好きだった「Belon」の元シェフ、ダニエルが東京に移住して、フォーシーズンズ丸の内で率いているお店です。

ミシュランやアジアのベストレストランなどでもいきなりの高評価で、日本でもどんどんファンを増やしていて。

彼が日本に行ってしばらくしたら、このブログのBelonの投稿へのアクセスがとても増えてました! → 傑作バランスの流麗で端正な料理に恍惚とするBelonの夜

ちょっとドキドキしながらダニエルに連絡したら、とても懐かしんで喜んでもらえました!

細かい話は「世界のお宅から」でお話するとして、さて、さっそくのお料理を紹介しますね。

アンドレ・フーさんデザインの優しきラグジュアリー漂う空間で、シャンパンとともにアミューズ的なものをいくつか。

今回特に野菜の美味しさを思い切り堪能したな~と思い返すのですが、一品目は野菜の爽やかさ、ちょっとした苦み、瑞々しさが交互に口の中に表れるような。ほうれん草やラディッシュ、中にはディルのハーブバターが入ってました。

口の中が清められて、さあ、これから手を尽くした美味しいものをじっくり味わうんだ~という準備ができてきます。シャンパンももちろん良い気分を盛り上げてくれますね!

うる

麗しいMother of Pearlに載せられているのは、ぼたん海老のチュイルで、中にはシャンパンバターと柑橘系が。これが優雅なかっぱえびせん的な懐かしさも感じる味わいでした。

次のフィンガーフードは、ちょっとBelon時代を思わせる、四年熟成したコンテチーズを使ったパフ。

さらっとしてそうで深みがすごくて、味わいが奥からぐぐぐっと出てくるような感じで、食欲刺激されまくりです。

うわー、小さいのに凝りに凝っていることが、見た目だけでも伝わってきますよね。

これはシャンパンバター、トリュフ、パルメザンチーズとラードのサンドイッチなんですよ。パセリの苦みが、多彩なうまみやコクを上手く引き立てます。

 

たっぷりキャビアにアボガドのディスク、下にはアボガドのピューレやスダチのジュレが!

フレーバーのハーモニーが本当に巧みで。いろいろな風味や触感が口の中で喧嘩せずに弾け合ったり溶け合ったり。




Long Time No See!! ダニエルが香港でもせっせと面倒見ていたサワードウの種が、日本でこうやって素敵なパンになってます。味噌や北海道産の麦を取り入れたとか。

そしてやって来ました! これぞシグネチャー!?という一品。一見まるで苺のタルトみたいなのですが、これがトマトなんです。北海道産のトマトを湯むきして熟成させてるそうで、とても味の深みが増しているんです。

野菜しか使っていなかったら物足りなくなるかも、なんて考え方自体が宇宙の果てに飛んでいってしまいそうな代物なんです、これが。

まず1人分に切られて出てくるとこんなお姿に! 端正で整然としたこのお姿!

トマトの種がこんなにきれいに見えることってあるんだなと。レイヤーになっているのは緑と黄色のズッキーニやコーンなのです。相変わらず、このスパッとした切り口がダニエルだー!と嬉しくなります。料理ってきれいに切られていると、美味しさがそれだけでアップできるんだなと気づかされて、ちゃんと家の包丁を研がなくちゃと思ったり。

そうなんですよ、これにはパルメザンだったかな、チーズのソースをかけてくれます。最高!

食べると口の中で野菜の瑞々しさが炸裂します!

ちなみにこの日、お酒は飲まなかったので、中国茶ペアリングをしていただきました。これが大正解! 香港にいたシェフらしさがこういうところに表れていて嬉しくなりました。

凄みがあるほどすっきりしているキンモクセイのコールドブリューです。

ビジュアルも味の深みも、ワインに負けていません!

まだまだ夢のような食事は続くので、Part 2 に行きますね!




 

お知らせ:インスタアカウント復活しました♪

大変お騒がせしました、乗っ取られたインスタのアカウント @miyakokai が戻ってきました!




一時はもうダメだと諦めかけていたのですが、1週間目にして何とか!

同じようなことがあちこちで起きていることを聞くので、参考に何が起きたのかを書いておきますね。

1)乗っ取りの手口
後から考えたら当然変だったのですが、早朝で寝ぼけてましたね。恥ずかしい話ですが書いておきます。
DMでバーテンダーの友人から「ブランドアンバサダーになるためのコンテストに出ているので投票して欲しい」というのが来まして、そういうのってありそうな話というか、よくあるんですよね、現実に。で、まんまとダマされて、「投票者として登録するのに、色々情報が必要だと開催者に言われた」と言われて、インスタの認証リンクのスクリーンキャプチャー、電話番号、メールを渡してしまいました。「電話番号持ってるでしょ」と言おうと思ったけど、まあ聞いちゃった方が早いってこともあるからな、とそのまま流してしまったり。

そして友だちの役にたったし、また寝るか、ぐらいの感じでいたら、インスタグラムから「@miyakokaiの電話番号を取り消しました」「メールを取り消しました」などの本人確認メールががんがん入ってきていて、あれ?あれれ?私やってないし?と一瞬混乱した後に気がつきました。

「さっき渡した情報で勝手に変えられているんだ、これハッカーだ!」

メインとサブのアカウントを持っていて、サブの方は間に合って、他人がアクセスしてるということを示して守れたのですが、メインの方は、自分でしていなかった二重認証をハッカーにされてしまったせいか、メールのリンクをクリックしたりしても、すでに何も出来なくなっていました! あっという間のことでした。そしてハッカーからメールも来たんですよ(気持ち悪い)。

「アカウントを返したい」というタイトルで、内容は「Hi」だけ。これで返信したら、また何かしら個人情報を取られるだろうと思って返信しませんでした。後から聞いた話では、ビットコインで相当な金額を渡せば返してやる、とかいう話に持っていかれるそうです。うぇっ!

後から、DMをくれた友だちも同じ手口で乗っ取られていた(別のバー業界人から同じ内容が来たので信じてしまったと)と分かりました。たまたま話の内容がぴたりとハマる界隈だったんですよね、被害甚大で、他にも乗っ取られた人が続出しています。

※DMにだまされても、二重認証をしてあったら、乗っ取られないで済んだのかもしれません。取り戻して、すぐに登録しました。

インスタにも上げました、喜びのピースサイン(笑)髪もだいぶ伸びてます!

2)取り返した方法
アカウントに自分の写真が投稿してある場合に、Instagramのサポートで「セルフィー動画を送る」という機能を使って認証してもらえるというのがあったので、これなら!と思ったのですが、残念ながらこれは何回送ってもうまくいきませんでした。認証できませんという返事がひたすら届きます。自動顔認証のシステムなどは入れていませんということだったので、この機能は実際発動させるの難しいのかもしれません。



今回運が良かったのは、私のアカウントはビジネスアカウントにしてあって、Facebookと連動させていたこと。同じ経験をして取り戻せた人がいるか聞いて回ったところ、1人だけビジネスアカウントをFB経由で取り戻したという人がいたので、少し希望を持って、FBのサポートからインスタグラムのアカウントを取り戻すというのをやってみました。

もう頭も記憶もごちゃごちゃで、どこを押したらどうやってそこに辿り着いたのかも分からない状態なのですが、とにかく「紙にインスタのアカウント名、自分の名前、サポートから届いた認証コードの3つを書いて、それを持って撮ったセルフィーを送ってください」というメールをサポートからもらうことができました。

あたふたしながらそれを送り(憂鬱で顔がどんよりしちゃうんですけど、アカウントに載せてる写真は普通笑顔だから、笑わなきゃと無理矢理笑顔で、笑)待つこと数日。諦めかけていた今日、次のメールで、さまざまな状況を説明するのと、アカウントの詳細などを書いてメールするようにという指示をもらいました。とにかく思いつく限りのことをすべて書いて送ったところ、その後、再ログインできるようになるコードをもらうことができました。それを登録するのにも、かなり苦労したのですが、何とかその日中にアカウント復活させることができました(うれし涙)。

ハッカーが特にアカウントをいじってなかった&削除されたりしていなかったので、そのまま戻ってきまして、これは本当に運が良かったと思います。

それほどフォロワーが多いアカウントではないのですが、それでもやっぱりそれなりに長い間投稿してきたアカウントですから、急にこれを諦めなければならないのかというのはキツイです!
本当にこれからはセキュリティにもっと気を配ろうと大反省。

二重認証は絶対やる、友人からでも少しでも変に思ったDMには絶対答えない、怪しいと思ったら別のルートで本人に確認する、など徹底させなくちゃと、いろいろ考えさせられました。

長々と書きましたが、さきほどDMのインボックスを見たら、別の友人からも同じ偽DMが届いていました。お互いにできることは助け合おうという飲食業界まわりの慣習がハッカーにまんまと利用されてしまって悔しいです。

あと寝ぼけている時には、余計なことはしないのが一番だと思い知りました・・・判断能力が低下しまくっていました。

ちょっと長々と恥をさらしましたが、皆様もどうぞお気を付け下さい~

 




 

@miyakokaiアカウントがハッキングされてます(涙)

みなさま、こんにちは!いろいろと告知が溜まっているところで、大トラブル(涙)。
こちらのブログとリンクしているインスタアカウント(@miyakokai) がハッキングされてしまいまして、ただいま私がログインできません。FB/Instagramに問い合わせ中なので、早く解決するといいのですが。また修正されたらお知らせしますねー。

執筆記事や出演ラジオ&ポッドキャストは別途お知らせしようと思います。

ではでは取り急ぎのお知らせでした。

Top