もう幾つ寝ると旧正月2014

年末年始の前後は、ハロウィーン、クリスマス、お正月とイベント続きで、夫がイギリス人だからクリスマスが日本でいうお正月のようでターキー作って食べて、お正月は元旦しか休日じゃありませんが、一応申し訳程度におせちを作ってお雑煮食べて。

そして間もなく旧正月まであと1週間。

なんとなくこの時期、コンタクトがずれたままのような、セーターを後ろ前に着てしまって首が詰まっているような、変な感じが抜けません。どれも中途半端な祝い方だからいけないのかな?

きりっと冷たい空気が気持ちの良い冬の青空と共に、年賀状何枚来てるかな~とか、お婆ちゃん、いくらお年玉くれるかな~とか、お正月番組ばっかりでテレビつまらないな~とかいう子供時代の日本での、お正月の映像が頭に浮かんでは消えて。

何はともあれ、いよいよ旧正月がやってきます。街中におめでたい赤と金の飾りや、干支の動物のデコレーションが並び、何となく街ゆく人々も「もうすぐ休みだぜ、いえい」という嬉しそうな雰囲気を滲ませています。

中環にも正月の飾りが増えました!

IMG_3011Graham Streetにあったきれいな提灯屋さん。

IMG_3170

黄大仙では、こんな飾りが厳めしい顔の上に。に、似合う?

IMG_3113

ハーバーシティのお友達から送られてきた利是ことお年玉のぽち袋と、
それを入れて歩くポーチ。あまりにきれいで使うのがもったいなくなってしまう。

IMG_3078

ランドマークにはこんな美しい馬が。やっぱり干支が馬だと絵になりますね!

IMG_3009

家の近所でも、この前までのクリスマス仕様が旧正月に、ポインセチアが菊に、
いつの間にか変わっています。まめだなあ。

IMG_2413 IMG_3200

ちなみにこんなのがあちこちに。

IMG_3204 IMG_3203 IMG_3201 IMG_3202

赤と金。香港にきたばかりの時は、なんだこの色遣いはと思ったけれども、
慣れとは不思議なもので、何だかウキウキしてきますね。

それでは皆さん、恭喜發財!!Kun Hei Fat Choi!!







↓気に入られたらクリックお願いします♪ 香港情報のランキングサイトで、いろいろなサイトが見られます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

Just Greenでどっさりクコの実購入!

中 環や湾仔にもあるJustGreen(http://justgreen.com.hk/) は、「Convenience Store」と名付けてあるだけあって、気軽でいろいろなものが揃っていて、お値段も比較的抑えめ。以前に湾仔店を取材した時は、「高いお金を出さないと健康的な食生活ができないという誤解を払拭したい」とオーナーが言っていましたっけ。

香港のベジタリアンレストランの草分けであるLifeと同じ 会社が経営しています。うちの近所であるディスカバリーベイのプラザに店舗が出来たときはやったー!と嬉しかったものの、今日は久しぶりにやって来ました。

IMG_3069

置いてあるのは、主に健康食品、化粧品など。他であまり見ない製品がいろいろ見つかります。

これは比較的どこにでも香港では売っているYogi Tea。とても効能が細分化されて名付けられていて、何だか効きそうな感じがすることに加えて、とにかく美味しいのが魅力でしょうか。今日は最近食べ物取材で食べすぎ&お腹もたれ&体重増加が気になるので、Healthy Fastingを買ってみました。

IMG_3070

私がここで一番気に入っているのが、クコのパック。ものすごーく大量に入っています。スーパーなどで購入して、いろいろな香港の製品も試していますが、これが一番今までで美味しかったし、果肉もふくよかです。安いのを買うと固くて実があまりないし、全然味がなかったりします。クコというと漢方とか中華料理のイメージですが、欧米系の健康食品メーカーでも扱いがとても多くなっています。Goji Berry=クコです。

これをハイビスカス茶に入れて、ぬるめにしてから蜂蜜を入れて朝飲むのを日課にしています♪ クコは血の巡りをよくしたり、目にもいいらしいし、美白効果もあるとか??? 女性にお勧めですよね。何はともあれ、とにかく普通に美味しいのがいいところ。

他の製品も気になるけど、まだ試していません~。いずれ!

IMG_3071

乾燥が気になる今日この頃、化粧品ではこの辺のオイルも気になりましたが、時間切れで今日は買えず。

IMG_3073

今日の戦利品。すごく乾燥してすぐ喉が渇くので、ココナッツ水を作れるパウダーや、これは初めて買うクコとクランベリーのミューズリーも。明日の朝が楽しみ♪

IMG_3076







↓気に入られたらクリックお願いします♪ 香港情報のランキングサイトで、いろいろなサイトが見られます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

取材こぼれ話―レストランPRの鑑に会いました!

たまには仕事の裏話を。普段は自分がライターですが、時々コーディネーター(取材のテーマに会わせて、ぴったりのお店候補を推薦したり、決まったら取材のアポをとったり、チームの宿泊を手配したり、当日取材先に連れて行ったり、などなどするお仕事)も頼まれるとやっています。

ここ数日、某有名な方が香港のガイドブックを作るので、そのコーディネーターとして香港を案内していました。

あちこち回っているうちに、あるレストラン系列のカフェを見せた方がいいなと思ってお連れして、そのカフェでお茶中に「ここのレストランも本当に素敵ですよ」と話していたら、そこもぜひインテリアだけでも見たいという話に。

金曜日の夜だし予約取るのが難しい店なのでPRさん(何度も一緒に仕事してるので、知り合い)に直接電話して「日本のある有名なクリエーターの方が香港のガイドブック作るのを手伝っていて、今その人とお宅のカフェにいて、とても気に入ったのでレストランもぜひ見たいそうなんだけど、ちょっと立ち寄って見て回ることできますか?」と問い合わせたら「もちろん!そこからなら15分後に着くわね」。

電話を切って、さあお会計して急いで行こうとしたら、電話を切って10秒後ぐらいなのに、すでに会計の子に連絡が行っていて「×××から連絡が来ていますので結構です」(は、早業だった!)。

その後もレストランでも早業でいろんなことが用意されて(席も作ってあって、見るだけじゃなくてテイスティングも用意されているわ、満席で忙しいのにスタッフは最高の対応だし)至れり尽くせりで、何だか彼女の仕事ぶりに感動してしまいました! PRの鑑ですね。だいたいそのクリエーターの方がどこの誰でっというのも彼女は知らなかったんですよー。家に帰ってからメールでプロフィールを送りました。

いやはや、打てば響く気持ちよさを久しぶりに味合わせてもらいました!感嘆!



大坑が一大スイーツエリアに進化中!

古くからの庶民的なお店と、お洒落ながら尖りすぎない新しいお店がさりげなく並ぶ大坑は、香港人の若者に大人気のエリア。銅鑼湾から東に少し行ったところで、MTRで言うと天后から歩けます。中秋節の舞火龍のお祭りでも有名ですね。

この蓮花宮も有名。観音さまを祀ったとても可愛らしいお寺です。

2012-11-01 14.53.29

中心エリアに着く前に、登場するスイートスポットがC’est la Bカフェ。写真は少し前のものですが、とにかくカラフルで幻想的なインテリアとケーキをお得意にしています。

IMG_2755 01fe6f335901d8e47c03060a311c9b1f9c0c7d447e

その後、大坑の中心部に入ったわけですが・・・・・・これはほんの一例です。お店の人に聞くと、1カ月前に出来た、なんてお店だらけで、香港風甜品あり、フランス風あり、日本風あり、とにかくまああるわ、あるわ。

20140118-135337.jpg IMG_3046

ちゃんと写真を撮る時間がなかったのですが、Lab Ice CreamというK11などにもできている液体窒素を使ってさまざまな食べ物の味をダイレクトに感じるように抽出してアイスに入れている人気店も、ここに第一号店が(まあ味は、モノキュラーかといわれると、そうでもなく、雰囲気勝負かなーと思いましたが)

20140118-135414.jpg

 次回はじっくり回りたいと思いまーす。1つのビルに同じ業態のお店が集結するのって香港らしいのですが、ここも同じエリアにどどっとスイーツのお店ができるというのがいかにも香港ですね(日本だったら、競争を避けることを考える気がするんだけど)。




牡丹軒で飲茶@愉景湾

クリスマス休暇中はあまりチャイニーズを食べていなかったので、日曜日、久々に家族で飲茶に行ってきました。DB(ディスカバリーベイ)こと愉景湾の住民でないと、なかなか行く機会がないであろう、近所のレジデンツクラブに併設の広東料理店です。西洋人だらけと思われている愉景湾ですが、実は香港人もたくさん住んでいます。

↓いつものどかなディスカバリーベイのプラザ

IMG_2956

どこかで聞いた数字だと、実はDBの住民の7割だかもっとは中国系だけれども、西洋人はいつも外にいたい、階段があったらそこに座りたい、太陽が出ていたら浴びたい、大人は毎日立ち飲みでバーに群がる習性があるため存在感が強く、一方で香港人は日差しは浴びたくないし、それほど外に出ていなくて目にしないため、圧倒的に西洋人が多い印象になるのではないか・・・・・・という説もあります。

それでいて飲茶ができるのがここだけということで、週末の飲茶タイムはすごい混雑。当日の電話で遅めランチでなんとか入ることができました。一応、会員用のレストランという位置づけなのかな?

普洱茶を頼んでから、まずはこれが来ました。腸粉大好きな私としては、やはりこれを最初に食べないと。しかし、最近息子が腸粉の味を覚えてきたので、2つ頼まないと足りなくなってきた・・・・・・

IMG_2939 ↓日本語にすると四川風蒸し餃子?? ぴり辛でソースはちょっとねっとりしていて、ネギの風味もよろしくて、なかなかでした。ちょっとエイリアンっぽい風貌。

IMG_2938

↓叉焼包は子供たちの好物なので、写真を撮る前に一瞬で2つが消えてしまいました。お馴染みの蝦餃とか焼売の他に、大根餅とかハチノスも頼んでみました。大根餅はやっぱりこの時期いいですね、日本人の口に合うさっぱり味です。

IMG_2941

↓左は海老が中に入っていて、Sweet & Sourのソースにつけて食べます。初めて食べた!

IMG_2949

ということで久しぶりに来たら、いいじゃないですか~!?
まず取材で来る機会はない店ですが、近所にあるとありがたい一軒なのでした。

IMG_2951




60年代風茶餐廳、喜喜冰室(Matchbox Cafe)@新會道

銅鑼湾のよく通るエリアにある喜喜冰室の2号店、すぐ近くで取材があったので、すごーく久しぶりに入りました。オープンして数年経ったら何となく年季が入って、まるで本当に古いカフェみたいな感じがムンムンw(さりげなくばっちくなったと言うことかも)。看板が昔のマッチ箱とそっくりです。

こちらは大坑のベトナム麺屋さんのLocomotiveのオーナー(ということはベトナムの方?)がやっているのだとか。60年代の香港のカフェって、王家衛の映画の舞台みたいだし、丸の内なんかでも建て直していないオフィスビルに行くと、少し似た感じがして、日本人でも懐かしさを感じてしまいます。

左に見えるピンクのテーブルクロス、色んなところで見かけるデザインですね。
あれ欲しいなあ。

ところ狭しと飾ってあるモノたち、オーナーのコレクションでしょうか?
取材をしていろいろ聞いてみたいものです。60年代香港への思い入れを感じますよね。

飲み物は何年かぶりに鴛鴦茶を頼んでみました。そう、コーヒーと紅茶を混ぜたあれです。久しぶりに飲んだら美味しさが分かるかなと思ったけど・・・・・・やっぱりコーヒーと紅茶を混ぜた味だったwww(そのまんまだって)。また何年かしたら挑戦します。エッグタルトを食べたかったな。今日は時間切れ。

 

 

出入り口近辺には、昔っぽいオモチャもいろいろ。雑然としているところがミソなのでしょう。

同じ銅鑼湾にある一号店の方が広いようですね。そちらにも行ってみなくっちゃ。




香港マカオのレトロ食器 龍編

自覚がなかったのですが、私はどうも龍が好きなようです。子供の頃、恐竜がすごーく好きでよく恐竜図鑑の絵を真似して模写みたいなことしていたし、大人になってからも恐竜の骨を見るとニヤニヤが止まりませんw 恐竜の場合は現実に確かにいたのに今はいなくてウソのような本当の存在というのがいいのかな? 龍の場合は空想上の動物なのに、香港ではものすごく存在感がありますねー。

この前の食器も龍と鳳凰だったし、気がつけば龍モノだらけということに気がつきました。

この子はこの前マカオで買ったもので、絵柄がとてもきれいで丁寧。
30年ぐらい前のものだった気がします。
280HKDぐらいしたかな?それでもかなりお得だったのではないかと。

 

反対に、ものすごい雑な絵付けに仰天したのが、これ。香港に来たばかりの時、今はもうない普慶坊にあった古い食器屋さんで、10HKDぐらいで売っていて、よく見ないで買って家に帰ってびっくりしました。「失敗したー!これからはよく見ないと」と思って、奥にしまい込んでいたのですが、今思えば日本じゃあなかなか逆にない雑さが面白いと言えば面白い・・・・・・

これは先日やっぱりマカオで買った、龍と鳳凰の裏表。値段は忘れましたがすごく安かったしその割にはきれいかなーっと。

d97b8a94-0668-4364-8937-891b85024c7409349555-d7ea-4a7d-97fa-5430911b46c4

 

これは買っておいて良かった~&もっと買えば良かった~という自慢の品。辰年の始めにあったシャンハイタンとネスプレッソの限定コラボのカップ&ソーサーです。同じシリーズのコーヒーメーカーもあったんですよねー。もう手に入りません(涙)

最後にこれはまだ買ってない&昨日取材場所で見た可愛いマグ&お茶の缶。ヨーロッパへの輸出用なのだそうです。記事で紹介するのは別の柄なのですが、好きな色の紫だし龍だしで、買わないといかん、と今気がつきました。
レトロじゃありませんが、これもなかなか香港らしい!

断捨離するはずなんだけど・・・・・・ムリだ\(^o^)/

恥ずかしながら趣味の油絵でも、香港らしいものを描こうと思ったら、こんなのを描いてしまいました。やっぱり龍が好きなんだなあ、私は。

IMG_2262

 




香港・マカオのゆるキャラ達♪ (2) 香港編

いよいよ香港を代表するゆるキャラです!!

やっぱり一世を風靡したといえばこの子ですね。

2013-05-29 14.25.21-2何となく写真を見ただけで「和ませてくれてありがとう、また会いたい♡」としんみりしてしまう、あひるちゃん。一時期フェースブックのタイムラインは毎日あひるちゃんの写真で埋まっていましたっけ(遠い目)。このシンプルさがいいんですね。偽物の写真を随分みたけど、なんだかごちゃごちゃして全然可愛くな かったし。作者のオランダ人アーティストが、子供の学校に来て、あひるちゃんについて生徒にお話してくれたそうです(まだブレイクする前だった)。

お次は銅鑼湾の鼎泰豐にいた、小龍包ちゃん。

2013-01-08 16.15.13

パシフィックコーヒーで去年見かけた獅子舞たち。

2013-02-03 12.47.58

鴻星海鮮酒家名物のオコゼ点心!ちゃんとオコゼの魚肉が入っています。

P1040693

ちなみに本物のオコゼちゃんはこんなです(笑)
すごく調理が難しいのだとか。確かに見るからに難しそう。

P1040704

最後に、マイナーですが、九龍仔公園で見かけたゴミ箱!

IMG_0385

以上、香港在住ジャーナリストが独自の視点で選び抜いた、香港ゆるキャラTOP5でした!!

 

香港・マカオのゆるキャラ達♪ (1) マカオ編

日本で人気のふなっしーが梨だったって数日前に初めて知りました(^^;)

脱力系とかゆるキャラ的なものが好きなのって、アジア共通だなあと思います。ということで、私があちことで出会った、香港マカオを代表する(ってほどのことはない、w)キャラ達を紹介してしまいましょう。

由緒正しき元祖ゆるキャラといえば、ポルトガルからやってきた鶏のガロ君。マカオのお土産屋には置物はもちろん、鍋敷きからテーブルクロス、Tシャツから文房具とあらゆるガロ君グッズが売っています。なぜか私が写真を持っていたのは、媽閣廟の近くで見かけた、マカオ最大(いや、地球最大かも!?)のガロ君と、ちょっとお洒落なガロ君柄の古いお皿(坤記に飾ってあった)。

IMG_1326 IMG_1325

実は我が家にもいるんですが、ゆるキャラ好きではない&ミニマリストな夫にばれないように、夫から見えない角度で食卓に置いています(日陰者にしてゴメン!)

4c8f625d-eb9e-4b07-8791-ef4447383321

このガロ君には立派な素性がありまして、何でも16世紀、ポルトガルのバルセロスで、ローストチキンとしてレストランのテーブルに置かれていたのに、無実の罪でつかまった男性を見て、「誰かこの男の無実を証明できるものはいないか!?」との呼びかけにいきなり起き上がって「コケコッコー」と叫んだ(細かいところはいろいろなバージョンがあります)という「真実の証」という奇跡を起こした方なんです。ちなみに親切にガロ君の説明が日本語に訳されているのをマカオで見た時、ローストチキンじゃなくて「焼き鳥が立ち上がった」と訳してあって、ツボにはまってしまいました・・・・・・串刺しにされても、なお真実を叫ぶため立ち上がるガロ君!

次のマカオ・ゆるキャラは今や三つ星レストランとなった、グランド・リスボアのエイトで出会った点心デザートの雪だるま君。撮影でお会いしたんですが、最初はこんな姿だったのに↓

P1030775

しばらくしたら、こんなになってしまいましたw と、溶けてる!

P1030772ちなみに結構美味しかったです(笑)

締めきりなのに何書いてるんだっと何か飛んできそうなので(汗)、香港編はまた後ほど!

 




 

 

香港レトロ食器の楽しみ♪

最近、ついついあちこちで目を奪われてしまうのがレトロな食器。いわゆる骨董品のような芸術的価値は特にないけれども、10~30年前ぐらいに作られていて、100HKD未満のお手頃価格で集められて、ややヘタウマ的な手書きの味がある・・・・・・置き場所がないんだから、控えなければと思いつつ、手軽なだけについつい・・・・・・。

香港やマカオでお店を見ていると、同じ柄シリーズがあちこちのお店にあるのがまた楽しくて。

私がゆるーく集めていると言えば集めているのが、この金と龍/鳳凰のシリーズ。IMG_9417最初に買ったのは、香港の火炭にある骨董やレトロなものを扱う食器屋さんで見つけたこのティーカップ。細い持ち手がいい感じで、片面がとぼけた龍、反対側がカラフルな鳳凰という、ちょっとキッチュな華やかさにひかれました。手書きなので、龍の目玉がずれていたりして、ちょっと車海老っぽいところがまた、何ともw 1つ80HKDぐらいで買いました。

IMG_0004

これはフードフェアと併設だった国際お茶博覧会で見つけた醤油皿サイズ。
1枚40HKDぐらいだったかな?

IMG_2882

マカオで取材中に、創業100年の生活雑貨店で見つけたレンゲ。
1本10HKDぐらいでした。

2013-11-03 10.45.35-1

マカオ取材中に、丼や大皿などずいぶんこのシリーズを見かけて、「うわー欲しいけど荷物になるし」と躊躇して買わなかったのに、果欄街の露天マーケットでなんと、これ全部で40HKDってありえない値段で出ていて・・・・・これは買うしかないですよね~。

何となく、このシリーズを見かけると友だちに会ったような気持ちになるのでした。そしてなるべく車海老に見えない龍を探すのもお楽しみ。ああ~まともに飾るスペースを作らなければ(煩悩)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ ←よろしければクリックしてください♪
にほんブログ村

Top