SOHOでひときわ目立つ清涼感あふれるビストロ、BELONを紹介しました♪





忙しく過ぎる夏! どうしよう、ブログネタ、溜まってます。本日時間があるので、せっせと書こう。

SOHOのElgin Streetのこの店構え、思わず目を惹きつけられる素敵さがあります。

この木目の色合いやらアールヌーボーっぽい雰囲気やら、もう完全に私のツボのスタイルなのです。

DSC09487

ここはフレンチ・ビストロBelon! とても評判がいいけれども取材の機会が今までなかったので、張り切って行ってきました!

香港スタイルの「粋」で紹介しています。

Belon (ベロン)

パリで噂の大人気シェフが香港見参!
繊細で調和の取れた幸せな食に浸りたい
実は少し約束の時間より早く着いたので、端っこで待たせてもらおうと思って店に入ったところ・・・・・・ちょうどスタッフの食事時間でした。初めてお会いしたシェフのジェームズさんから「良かったら、一緒に食べる?」とまさかのお誘いを受け・・・・・・お腹は空いていないけど、これは食べないわけにはいかないと、もちろんお邪魔させていただきました。
ブッフェ形式(笑)でした。このチキンが涙が出るほど美味しかった! でもみなさん当たり前に食べているので、「うわ、美味し、うわ」とこみ上げるものをちょっと抑えて、「まあ私はいつもこれぐらい美味しいもの食べているから、驚かないわ~」という振りをしてみたものの、「え、そんな美味しい? これ残り物なんだけど、新しいのはもっとずっと美味しいからね」とシェフからのお言葉。思わぬ前振りになって、これから撮影して食べるものに期待が持てます。
File_000(2)
それにしても、キッチンに潜入させてもらうのも大好きですが、賄い飯に混ぜてもらうのも、ものすごく好きです(ライターの役得あるあるファイルその2)。
そしてこのとき、シェフのお友達がいまして、私も途中から話に入ったところ、ちょうど別の仕事のために日本の方とメッセージをやり取りしていて、その話に出てきている有名シェフその人であることが発覚して、鳥肌が立ちました。思わず写真を撮らせてもらって、メッセージで送ったら「え?えー?」と驚かれるし。最近こういうことが本当に多くて、超能力者にでもなった気分です。



表に出ているシェフの写真。実物の方がもっとすっきりしています。わーわーしていなくて落ち着いているのですが、私が下らないことを言うと、実は結構受けてくれるということが分かってきましてw。とってもいい方でした! 賄いタイムに和んでの好スタート!

DSC09483
賄いのパンは昨日のものをリサイクルしたそうで、「焼き立て最高だよ」といわれていただいた焼き立てパン。あー最高! ちゃんとしたシェフは本当にパンを大事にしますよね。メインが食べられなくなるから食べ過ぎ注意パンの典型です。
DSC09428
記事とは別カットシリーズ。見目麗しいので写真を撮るのが楽しい♪
DSC09462
ムール貝、ピクルスとディルを、ムール貝とチキンソースに浸したパンに載せたこの一品。こちらはアップです。
DSC09465hr
いや、この世界は本当にツボ。日本でもこういうインテリアの店があると、何の店だか確認もせずに中に入り込んでいました。私を捕獲したかったら、アールヌーボー&アールデコな店を作ってくれれば、餌は置いておかなくても捕まります(笑)
暗くなってからの雰囲気がまた素敵(←これは外から見ただけ)。プライベートで再訪しなくっちゃ♪
DSC09407
ぜひ記事をご覧下さい~




コメントを残す

Top