老舗の実力!マンダリン オリエンタル香港の文華を紹介しました♪




香港の一流ホテルには、それぞれ違った魅力がありますが、やっぱりマンダリン オリエンタルのあの渋さは私にとってツボです。

古ーい日本家屋で育ったからかもしれません。

キャプテンズバーとかチネリーとかの影響もあるのか、なんとなく素敵な紳士に似合うイメージがある中、この文華の渋い中にも華やかさのあるローズピンクというのでしょうか・・・・・・

たまらない色合いが目に入ってくると、気分が上がります!!

そしてあの額縁のように見える窓の風景。

席数があまりないので、ここ何年か、たまに予約を取ろうと思ったら満席ということが続いて、すっかりご無沙汰していました。

ということで、久しぶりに取材ですが行ってまいりました、文華!!!

文華(マンワー)ーMandarin Oriental Hong Kong
とにかくいいものが食べたい日に。
香港の最高級広東料理店の代名詞

大好きな額縁窓。

DSC09568hr




この迫力。

DSC09570hr

個室にあるこのお皿! そう、私のお友達の旦那さまの書を使ったお皿なのです。

過去ブログに登場いただいています!→現代書道家、馮明秋さんのアトリエ訪問

Krugルームにあるのは聞いていましたが、文華でも使われていたんですね。やっぱり迫力があります。

DSC09574hr

気になるお料理もチラ見せ!

DSC09514hr

とにかく技のある、ちゃんとした高級広東を、プライベート感のある空間で、あれこれ悩まず食べたい時にぴったりなお店です。

ここのカーペットとそっくりな冬物ドレスを持っているので(少し小さくなって最近着ていない)、この冬には少し痩せてそれを着て、文華に行くのを目標にがんばります♪

ぜひ記事をご覧下さい。



 

コメントを残す

Top