キッチン潜入♪ あのパルミエはこうして作られる!Fine Foodsを紹介しました

香港では美味しいパルミエクッキーがあちこちで作られていますが、中でも美味しさに定評があるのが、ロイヤルガーデンのファイン・フーズ!

キャセイパシフィック航空の香港スタイル「泊」コーナーで、このファイン・フーズを紹介しました。

Fine Foods(ファイン・フーズ)-The Royal Garden
毎日10,000枚売れる、伝説のパルミエはこうして作られる!
繊細で可憐なケーキで、とっておきのティータイムも

シェフのルイさんのインタビューをしている時に、素晴らしいキッチンの設備の話をうかがって、それはぜひ見学したい!と後日再度訪問して、名物パルミエの製作風景を見せてもらいました♪

このサクサクで美味しいパルミエ! 自宅に持って帰ったらもう、うちの夫と息子が気に入って、ものすごい勢いで消えました!!!

さてさて、いよいよキッチン見学へ。



最初はすでにシート型になったタネを、伸ばす機械に入れるところから。

左右に何度かシートが行き来をして、完成!回数がちゃんと決まっている模様です。

そのタネをきちんと敷いたら、端の部分を切ってきれいに整えます。

透明シートを当てながら、正確に切って折りたたんでいきます。

これをまた、格別な丁寧さで同じ大きさに切っていきます。

切ったタネは一つずつ、手作業でシートに並べられていきます。機械を使う部分と手作業の部分が巧みに組み合わされているのです。

ほら!すっかり並べられています。あとはワゴンがすっかり埋まるまで作業を繰り返します。

人間が何人も中に入ってしまうような、エレベーターのようなサイズのオーブンに、がらがらとワゴンを入れました!

ドアを閉めて、温度調節をしてからは、中でぐるぐるとワゴンが回ります!

だんだんパルミエっぽく変わっていく姿がたまりません!

1時間近くじっくり焼いた後、左にあるオーブンに移して、最後の仕上げに焼き色をつけるのだそう。

このすごい設備が2室あって、同時進行でどんどんパルミエが作られていくのです。

完成したパルミエはいろいろなパッケージに詰められて店頭へ!出来たてはまた格別です。

スムーズに作業を進めつつ、常に均等な質のパルミエができるように、考え抜かれていることが、見ているとよく分かりました。こういう舞台裏を見ると、ますます美味しさを感じる気がします。

他のケーキももう可愛くて美味しそうなものばかり!!

ホールケーキは地元でないと、なかなか食べる機会がありませんが、これまた本当にきれい。右下の緑のケーキが、記事で紹介している青リンゴのチーズケーキと同じものなのです。

取材時はすっかりクリスマス仕様。写真を撮っているそばから、どんどんパルミエが売れていました!

テーブル席に座ってのティータイムも最高です♪ 尖東に和めるスポットを発見できて、私の暮らしも向上しそう?

ぜひ記事をご覧下さい~



コメントを残す

Top