鏞記(ヨンキー)の厨房に潜入して書いた記事がウェブで読めます

色んなタイプの記事を書きますが、やっぱり、きっちり取材して、じっくりいろいろな要素を凝縮して語るタイプの記事を書くのは、最高に幸せです。

特にふだんなかなかできない体験をさせていただくと、アドレナリンもぐつぐつと湧いて、すいすいと筆が進む気がします。

昨年の夏のお仕事で、香港の老舗醤油ブランドAMOY(淘大)を使っている老舗レストラン、ということで、鏞記(ヨンキー)について、業界紙に書いた記事(ブログではこんな感じで取りあげました、そう、この某老舗がヨンキーなのです)もそんな1つでした。

実は香港でこんなにお馴染みのAMOYは、日本の味の素社の傘下にあるんですよ♪

その記事がウェブで見られるようになっているということを知りまして、さっそくリンクをさせていただきました!

AMOY Information Magazine これからの中国料理 香港シェフを支え続けて100年

このP3(オープンすると左半分がまず表示されるので、右にスクロールしていってください)が私の執筆部分です♪

ぜひぜひご覧くださいませ~
 







↓気に入られたらクリックお願いします♪ 香港情報のランキングサイトで、いろいろなサイトが見られます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

コメントを残す

Top